Yutaka Aihara.com相原裕ウェブギャラリー

note

映画「懺悔」雑感
ジョージア(グルジア)「祈り 三部作」のうち「懺悔」について詳しい感想を述べてみたいと思います。「懺悔」は1984年にテンギズ・アブラゼ監督によって制作された政治色の強い映画で、当時は「反ソビエト」という烙印を押され、監督だけでなく家族さえ重罰になりうる危険もありました。理由としては全体主義における粛清、つまり独裁者と虐げられる市民の日常を象徴的に描いているからです。ソ連崩壊後に国際的な映画祭で賞に輝き、反体制的な主題は大きな反響を呼ぶことになりました。物語の初めは架空の街を舞台に、多くの罪のない人たちを粛清していた市長が亡くなり、盛大な葬式が挙行されましたが、その遺骸が何度も掘り起こされるという奇妙な事件に端を発しました。犯人は市長によって両親を殺された女性でしたが、裁判で市長の犯した罪が被告によって露わになり、それを傍聴していた市長の孫が、祖父の罪から良心の呵責に苛まれ、やがて自殺に追い込まれてしまうのでした。市長の芝居がかった言動やその息子夫妻を滑稽に描いたりして、映画の主張する真面目な体制批判を下敷きに、極端な寓話表現として処理することで、映画としての面白さも加味されていました。「私たちは血なまぐさい方法で、長い間、善良さを根絶やしにしてきたことの報いを受けています。自分の過去を葬った者は、現実に近づくことも、未来を見ることもできないのです。最大の罪は恐怖なのです。」とアブラゼ監督が語っている通り、この映画の持つ社会性は私たち市民生活そのものに対する問いかけでもあると思っています。現在の国際社会でも全体主義を標榜する国があります。そこでの市民生活がいかばかりか想像に耐えませんが、平和を謳歌している日本でさえ、国威掲揚的な思想が入り込むと、この先どうなるのか分からず、一抹の不安を覚えるのは私だけではないと思っています。