Yutaka Aihara.com相原裕ウェブギャラリー

note

マン・レイの改題「破壊されざるオブジェ」
昨日のNOTE(ブログ)に、シュルレアリスムを代表する芸術家マン・レイのオブジェ「破壊されるべきオブジェ」について書いたところですが、今日の朝日新聞夕刊にマン・レイの記事が掲載されていました。そこには「破壊されざるオブジェ」という見出しがついていて、私は訝しく思いました。私自身、マン・レイについては詳しいことは知らず、昨日のNOTE(ブログ)も展覧会場で購入してきた図録より抜粋したもので、当のオブジェの背景が分かっているとは言えません。今日の新聞より記事を引用いたします。「オリジナルの作品は1923年の制作とされ、当初の題は「破壊されるべきオブジェ」だった。その約10年後、オブジェをもとに描いたイラストの傍らに、作者は次のような文章を記している。『愛していたのにもう会うことの出来ない人の写真から、その目を切り抜く。メトロノームの振り子にこの目を取り付け、(中略)忍耐の限度まで鳴らし続ける。ハンマーで狙い定め、そのすべてを破壊する』。失恋による未練を断ち切りたいとの決意が、この時には託されていたらしい。しかし作品のタイトルは、やがて思わぬ事件を呼び込む。57年、パリの画廊に乗り込んできた若者たちが、展示中の作品を持ち去り、壊してしまったというのだ。マン・レイはその後、題名を「破壊されざるオブジェ」と改め、100個以上のレプリカを相次いで再制作することになる。~略~そうして生まれたレプリカには『永遠のモティーフ』という題が付けられたものも。マン・レイは自伝に、こんな言葉を残している。『わたしは、同じものをいとも簡単に作ることで、作品を破壊不可能なものにすることができたのである』」(西田理人著)昨日書いたエピソードと今日のエピソード、どちらが真実に近いのか、それともそんな動機の究明は作者にとっては必要ないのか、私には分かりませんが、マン・レイが題名を180度異なる意味に変えてしまったことは事実のようで、それもシュルレアリストの自己表現だったのでしょうか。