Yutaka Aihara.com相原裕ウェブギャラリー

archive

note > 書籍
2022.01.18

先日、東京竹橋にある東京国立近代美術館で開催されている「民藝の100年」展に行ってきました。私が民藝運動を知ったのは20代の頃で、棟方志功の板画や濱田庄司の陶芸に興味を持ったのが始まりでした。その後、…[続きを読む]

2021.12.30

明日が大晦日で今年1年間を振り返る機会にしています。毎年のことですが、31日にはホームページの年間総括を行なっているのです。そこで今日は今月の振り返りを行います。12月は26日間工房に通いました。来年…[続きを読む]

2021.12.27

「バウハウス-歴史と理念」(利光功著 株マイブックサービス)の「第一章 バウハウスへの道」をまとめます。バウハウスが設立される動機には、当時の芸術界の様子や時代背景がありました。「芸術はたがいに分離し…[続きを読む]

2021.12.24

「バウハウス-歴史と理念」(利光功著 株マイブックサービス)を今日から読み始めます。バウハウスは建築の家と言う意味のドイツ語で、1919年に創立された風変わりな美術学校です。建築家ヴァルター・グロピウ…[続きを読む]

2021.12.23

「白光」(朝井まかて著 文藝春秋)の「終章 復活祭」をまとめます。聖像画家山下りんの生涯を描いた小説は、りんの隠居生活で最後を迎えます。とつおいつ読んできた本書は、りんの郷里での平穏な生活を淡々と描い…[続きを読む]

2021.12.21

「白光」(朝井まかて著 文藝春秋)の「六章 ニコライ堂の鐘の音」の後半部分をまとめます。この章では時代の変遷が描かれます。「ニコライ大主教が永眠した明治四十五年、七月の暑い盛りに天皇が崩御した。」ここ…[続きを読む]

2021.12.20

「白光」(朝井まかて著 文藝春秋)の「六章 ニコライ堂の鐘の音」の前半部分をまとめます。この章では円熟期を迎えた聖像画家山下りんとその関わりのある方々や時代が移り変わっていく社会情勢のことが描かれてい…[続きを読む]

2021.12.17

「白光」(朝井まかて著 文藝春秋)の「五章 名も無き者は」の後半部分をまとめます。後半はニコライ堂の落成から日露戦争開戦までが描かれていて、聖像画家山下りんにとって周囲に気遣う日々だったのではないかと…[続きを読む]

2021.12.14

一日1点ずつ小さな平面作品を作っているRECORD(記録)は、陶彫の集合彫刻とは違った苦労があります。陶彫制作の場合は年間に数点を完成させていくので、作品がカタチになるまで労働の蓄積があり、その日の気…[続きを読む]

2021.12.09

「白光」(朝井まかて著 文藝春秋)の「五章 名も無き者は」の前半部分をまとめます。聖像画家として日本各地に建てられつつあった正教会のために、山下りんは注文に応える日々を過ごしていました。亡きプウチャー…[続きを読む]

2021.12.06

「白光」(朝井まかて著 文藝春秋)の「四章 分かれ道」の後半部分をまとめます。自らの信仰に疑問を持っていた山下りんは、駿河台の教会を離れることを主教に伝えました。りんが聖像画家になるためにロシア留学の…[続きを読む]

2021.12.03

「白光」(朝井まかて著 文藝春秋)の「四章 分かれ道」の前半部分をまとめます。この章から山下りんの帰国から帰国後の生活に入っていきます。「ぺテルブルグを出立したのは明治十六年三月七日の午後一時半、汽車…[続きを読む]

2021.12.02

「白光」(朝井まかて著 文藝春秋)の「三章 絵筆を持つ尼僧たち」の後半部分をまとめます。ロシアの修道院に到着した山下りんでしたが、ここでの生活は大変な摩擦が生じる辛いものだったようです。まず到着から修…[続きを読む]

2021.12.01

今日から12月が始まりました。教職にいた頃は12月と言えば多忙を極めていて、文字通り師が走る1ヶ月でした。中学校では進路に関する面談やら資料作成が始まっていて、校長となっても生徒の進路には気を使ってい…[続きを読む]

2021.11.30

11月の最終日になりました。今月を振り返ると、新作の陶彫制作が順調に進み、現在は大規模作品、中規模作品、小品6点のいずれも焼成済みだったり、乾燥を待っている作品もあり、何とか上手くいっているように感じ…[続きを読む]

2021.11.26

現在読んでいる「白光」(朝井まかて著 文藝春秋)には、ロシアに留学し西洋絵画を学ぼうとする女性画家の姿が描かれています。日本人としては初の女性留学生ですが、やがて聖像画家となる山下りんのことです。彼女…[続きを読む]

2021.11.25

「白光」(朝井まかて著 文藝春秋)の「三章 絵筆を持つ尼僧たち」の前半部分をまとめます。いずれ聖像画家になる山下りんはついにロシアに留学することになりました。前半ではペテルブルグに到着するまでの航路や…[続きを読む]

2021.11.24

「白光」(朝井まかて著 文藝春秋)の「二章 工部美術学校」の後半部分をまとめます。この章では聖像画家山下りんが、西洋画の技法を学び、またキリスト教の洗礼を受けるまでの経緯が描かれていて、後半ではりんが…[続きを読む]

2021.11.22

昨日、平塚市美術館で開催している「物語る 遠藤彰子展」に行って来ました。画家遠藤彰子氏には500号以上の大作が30点ほどあり、それだけでも破天荒なスケールを持った画家と言うことができます。絵はいずれも…[続きを読む]

2021.11.19

「白光」(朝井まかて著 文藝春秋)の「二章 工部美術学校」の前半部分をまとめます。この章では聖像画家山下りんが、西洋画の技法を学び、またキリスト教の洗礼を受けるまでの経緯が描かれています。言わば日本で…[続きを読む]

2021.11.16

今日、長野県安曇野にある碌山美術館から、同美術館で個展開催中の「篠田守男-Subconscious-」展で販売している作品集が届きました。美術館が遠方過ぎて個展には行けないので、美術館のネット販売を利…[続きを読む]

2021.11.12

「白光」(朝井まかて著 文藝春秋)の「一章 開花いたしたく候」をまとめます。聖像画家山下りんの郷里である茨城県笠間から東京に、りんが出てくるまでの経緯を描いたのが「一章 開花いたしたく候」です。小田秀…[続きを読む]

2021.11.09

先日から聖像画家山下りんの生涯を描いた小説「白光」(朝井まかて著 文藝春秋)を読み始めていますが、あれ?っと気づいたことがあります。私は以前のNOTE(ブログ)に山下りんを知らなかったと書いていますが…[続きを読む]

2021.11.05

キリスト教の聖像画(イコン)を描いた画家山下りんを知ったのはいつ頃か、私は教職にあった頃に北海道を旅行して、道内のどこかのハリストス正教会に辿り着き、そこで初めて山下りんによるイコンを見たのでした。そ…[続きを読む]