Yutaka Aihara.com相原裕ウェブギャラリー

note

  • Tag cloud

  • Archives

  • 「鴎外とシェリングと美学」のまとめ①
    「美学事始」(神林恒道著 勁草書房)の第一部「美学と美術史」のうち「4 鴎外とシェリングと美学」について前半部分をまとめます。本単元では、今まで頻繁に登場した岡倉天心の思想と離れた立場から、美学について取り上げています。まず思想家西周が登場します。「西欧美学思想を他の哲学諸部門の学とともに、百科全書的な啓蒙という視点から紹介した最初の人物として挙げなければならないのが西周である。~略~西周は鴎外と同じ山陰の津和野の出身であり、鴎外が志を立てて上京し最初に寄寓したのが西周邸であった。~略~西周の美学論としては、次いで明治五年一月頃の御進講の手記『美妙学説』があるが、これがわが国での最初の独立して講じられた美学書である。全体は四章からなっており、『哲学ノ一種ニ美妙学ト云アリ。是所謂美術ト相通ジテソノ元理ヲ窮ルモノナリ』という言葉から説き起こされる。」さらに前のNOTE(ブログ)に記した美学に関わる著述について「美術真説」と「維氏美学」について、ここで再度詳細が述べられていました。「明治初期のわが国の美術界に深甚な影響を及ぼした芸術論と言えば、まず何よりも明治十五年五月に龍池会主催によって上野公園内教育博物館で行なわれた文部省御雇教師フェノロサの講演で、同年十月に大森惟中筆記、『美術真説完』、龍池会蔵版として発行された美術論を挙げなければなるまい。この講演はもともと実用的で具体的な美術振興策を論じる意図でなされるはずのものであったが、そのためには『専ラ実際ニ適スルヲ要旨トスルモ、之ヲ証センガ為ニハ多少理論ニ渉ラザルヲ得ズ』と述べ、まず西欧において行なわれている美術理論一般がいかなるものかを論じ、自らの『説ノ拠ル所ノ真理ヲ約述』している。」その一方で「フェノロサの龍池会での講演が行われた翌年の明治十六年から十七年にかけて、中江兆民が文部省の委託を受けて翻訳したウジェーヌ・ヴェロンの『美学』が『維氏美学』の表題で、上下二冊に分けて文部省編集局から出版されている。現在われわれが用いている『美学』という呼称は、この翻訳書に由来するものだと言えるが、皮肉なことにおよそこの書ほど反美学的な美学はない。その結論からしてヴェロンは、ギリシャのプラトンから現在のアカデミーの理論に至るまで、美学の歴史はおよそ形而上学者が産み出した空理空論の最たるものであり、いかに緻密な論を立てているように見えたとしても、それは所詮屋下に屋を架してその止むところを知らぬようなものであると述べている。」という翻訳書もあったようです。今回はここまでにします。
    AM新作補填作業 PM県美術科研究会総会へ
    先日、今夏発表する新作の写真撮影が終わり、今はその補填作業に入っています。撮影で写らない裏面にはまだ塗装がなく、それを全て終わらせないと個展には持っていけません。そこは個展でも鑑賞者の目につかない箇所ではあるのですが、個展が終了すれば、作品は長く保管することになるため、その木質の維持に防腐効果のある塗装を施す必要があります。搬入用に作品を梱包する前に、今もせっせと補填作業を継続して行なっているのです。今日の午前中は裏面塗装をやっていましたが、午後からは会議が予定されていて、私は小田原市まで出かけなければなりませんでした。先々週は横浜市の美術科研究会総会があり、元会長の私は最後の務めをしてきました。今日は神奈川県の公立中学校教育研究会美術科部会の総会があり、昨年の退職まで副会長を仰せつかっていた私は、ここにも顔を出したのでした。場所が「おだわら市民交流センターUMECO」で、横浜から行くと結構な距離になりましたが、神奈川県全域の美術科教諭にも会いたかったので、これが最後と思って出かけていきました。総会の中で感謝状を頂きましたが、たいした仕事もせずに所属だけしていた私がこんな大層なものを頂くのは、申し訳ない気持ちになりました。総会の中で面白かったのは記念講演会で、小田原市山北に住む木彫家の動画を交えたお話でした。彼はチェンソーアートと銘を打っていて、一本の大木からチェンソーで切り出す豪快な造形に、私はワクワクしていました。中学生と一緒に作り出した世界が楽しいなぁと感じました。造形することが何より好きな人を見ていると、私までも意欲が湧いてきます。実材に対峙するのはこうでなくっちゃいけないと思った一日でした。
    「岡倉天心と美術史学の形成」のまとめ②
    「美学事始」(神林恒道著 勁草書房)の第一部「美学と美術史」のうち「3 岡倉天心と美術史学の形成」について後半部分をまとめます。「天心によるわが国で最初の『美術史』である『日本美術史』が目指したものは、言うまでもなく『日本』美術史である。だがそれ以前に日本『美術史』であらねばならなかった。そこで要求されるのは、まず美術を美術たらしめる『美ノ標準』を共有することであり、美術作品を歴史的に記述するための科学的な『組織的研究方法』である。」この標準というのはフェノロサによって発見された「ギリシャ仏教美術」に端を発していました。また哲学者ヘーゲルの考え方を基に美術史の構想が成されていました。「ヘーゲル美学において『象徴的』、『古典的』、『ロマン的』の三つの概念は、芸術の歴史的な発展の原理として用いられるばかりでなく、同時に芸術の体系的な分化の原理としても用いられている。つまり『象徴的』芸術として建築、『古典的』芸術として彫刻、そして『ロマン的』芸術として絵画、音楽、詩文学が規定されている。天心の日本美術史の構想もまた、同じくこの芸術ジャンルの分化の原理によって組み立てられている。」こうした構想を天心が、イギリスのアート・アンド・クラフツ運動のウィリアム・モリスや批評家ジョン・ラスキンの思想から捉えたようで、ここでも天心の視野の広さを感じざるを得ません。「天心は旧来の画史画論の段階に留まっていた日本の美術史を、その方法論が今日的な視点から見て妥当なものであったか否かについての批判はあろうが、国際的に通用する科学の枠組みで捉え直そうと企てた最初の人物である。天心の美術史の構想は、ただ単に史実を組織的な理論にまとめ上げようとしただけのものではない。その美術史は、同時に自らが掲げた『東洋的ロマン主義』の理想へと人々を向かわしめるための理論的な裏付けという意味をも担うものであった。天心のロマン主義には、二つのロマン主義が交錯している。そのひとつは、ヘーゲル流に解釈された、物質的なものを超脱してより高い精神的な世界へ飛翔しようとする『近代的精神』として捉えられたロマン主義であり、今ひとつは、近代の芸術あるいは文化の現状を批判的に眺めることから発した、伝統への回帰を標榜する復古的ロマン主義である。」現在も脈々と受け継がれる日本の古来からの伝統が存在しているのは、美術という概念が西洋から導入された明治期に、岡倉天心やフェノロサが日本独自の文化に腰を据え、教育機関等を通じてその理論を展開してくれたおかげだろうと私は思っています。今回はここまでにします。
    「岡倉天心と美術史学の形成」のまとめ①
    「美学事始」(神林恒道著 勁草書房)の第一部「美学と美術史」のうち「3 岡倉天心と美術史学の形成」について前半部分をまとめます。ここでは天心が東京美術学校で講じてきた「日本美術史」や「泰西美術史」の内容について論じています。その動機付けとなった文章を引用いたします。「天心が企てた日本美術の再興という運動は、しばしば誤解されてきたファナティックな国粋主義とは異質なものである。それは今日的な視点からすれば、『文明開化』の名の下に強引に押し進められた、当時の根無し草的な欧化主義に向けられたひとつの文明批評であったと見ることもできる。」天心の言葉も含めて、その内容を書いた箇所がありました。些か長い引用になりますが、御容赦ください。「天心の最初の『美術史』であり、芸術的精神の自覚史として構想された『日本美術史』に及ぼしたヘーゲル的進化思想の影響を確認していこう。天心は日本美術史の時代を区分して次のように説いている。『日本美術史を大別して、古代、中世、近世の三時代となし、古代は奈良朝、中世は藤原氏時代、近世は足利氏時代とす。奈良朝は彫刻を以て成り、最も理想的の観念に富み、其の仏教の性質は小乗にして、人界と仏界とは近からざるものとなせるを以て、其の仏像は人間以上高尚のものを以て成れり。…中世美術は感情的にして、人間の情に因て生じ、其の宗教は密教を主とし即身成仏を説き、人間も仏の情あり、仏も亦人間の情ありとなし、人仏の間は遠からざるものとせり。…而して此の余流を組みて鎌倉時代を成し、之れ亦感情の美術なり。…足利氏に至りては、藤原時代の感情的は一転して自覚的となり、自ら其の物を覚りて作る。日本美術は理想、感情、自覚の三性質ありて、自覚的の思想は、今日に至る迄、殊に維新前迄尚ほ日本美術を支配し、探幽の如き此の思想に支配せられ、近時に至りて応挙出でて写生を以て変化を試むも、亦此の思想中にあるものなり。…之を要するに、奈良期は理想的にして壮麗なり。藤原氏時代は感情的にして其の極優美なり。足利氏時代は自覚的にして高淡なり』この日本美術史における小乗仏教の『人界と仏界とは近からざる』ことから生じる理想的美術から、浄土信仰に基づく大乗仏教の『人間も仏の情あり、仏も亦人間の情ありとなし、人仏の間は遠からざるものとする』ところから生じる感情的美術を経て、禅宗の『自ら其の物を覚りて作る』自覚的美術に至る歴史的展開に、ヘーゲルがその美学で説いた絶対的精神の自覚のプロセスが仏教思想に形を変えて読み込まれているのではないか。」今回はここまでにします。
    「『日本の美学』の形成」のまとめ
    「美学事始」(神林恒道著 勁草書房)の第一部「美学と美術史」のうち「2『日本の美学』の形成」についてまとめます。「エキゾティック・ジャパンに憧れて来日した、明治政府のお雇い外国人の一人であったフェノロサが、京都奈良方面に旅行したそのおりに、当時『廃仏毀釈』のあおりを受けて打ち捨てられ顧みられることのなかった古仏に出会い、日本の伝統的美術の素晴らしさを再発見したということである。」これらが動機になってフェノロサは「美術真説」という日本美術擁護論を立ち上げたのでした。ここで登場する概念に「妙想」があります。「『妙想』には『アイジア』とルビがふられているため、しばしば『アイデア』、つまり『着想』と単純に混同されるところだが、今日ならば、むしろこれは美的『理念』とでも訳されるべきものだろう。フェノロサによれば、昨今の西欧の画家の多くは実物を模写することに傾き、妙想の表現がおろそかとなり、『理学ノ一派』に過ぎざる状況に陥っている。これに較べるならば、写実をあえて求めない日本画は妙想の表現において優れているというのである。~略~これまでの外からの日本『美』の発見から、内からの『日本』美の自覚へ向けての変化が生じてきたのは確かだろう。この『日本』美の自覚への転換は、『美術』と翻訳された西欧的な『アート』の観念をそのまま鵜呑みにするのではなく、日本あるいは東洋の固有の芸術観に照らして改めて『美術』とは何かを反省するところから始まったのである。」さらに岡倉天心が東京美術学校で講じた「日本美術史」に西洋との比較論がありました。天心の言葉を引用いたします。「西洋画は彫刻と共に進み、東洋画は書と共に進んだ。であるから東洋画は、西洋画の陰影を用ひるに反して、線の大小を以て、自らこれを現はすのである。『諺に曰く、書を能くするもの、画を能くする』と。故に筆力は、東洋絵画の基本となり、以て古今を貫くものと言ふことが出来る~略~東洋芸術は絵画的で、西洋芸術は彫刻的な味がある。東洋芸術は線であり、西洋芸術は造形の表現に興味を抱く。東洋芸術は二元を表し、西洋芸術は三元を表わす。初期イタリア人の時代からの西洋絵画は光と影とで表現する。東洋に於ては、宋朝以来墨の濃淡の配合に、より以上の意味が与えられたが、而も東洋芸術は線を以て起源としていることは真理であった。過去に於ては、書芸と絵画は同一であったと言う。~略~そして絵画に於て、運筆は我々の自然観と大いに関係する。描写の技倆の美しさはただ単に実際の対象を描く技能にあるのみではなく、筆勢に秘められた抽象の美にあるのである」今回はここまでにします。