Yutaka Aihara.com相原裕ウェブギャラリー

note

  • Tag cloud

  • Archives

  • 「ピエロ・デッラ・フランチェスカ」を読み始める
    イタリアの初期ルネサンスの宗教画家ピエロ・デッラ・フランチェスカは、その絵画性に現代にも通じるものがあると知ったのは、日本の書籍によるもので、私自身が20代で西欧に暮らしていた時には、とりわけ注目していなかった画家でした。また再びイタリアに行く機会があれば、是非見てみたい画家の一人になっていて、その時代環境等を本書を通じて学んでいきたいと思っています。「ピエロ・デッラ・フランチェスカ」(アンリ・フォション著 原章二訳 白水社)を今日から読み始めます。キリスト教に纏わる宗教絵画には何の予備知識もなく、20代の私は西欧に暮らしていました。私のいたオーストリアのみならず、ドイツ(当時は東西ドイツ)やイタリア、フランス、スペインに行くとどの街にも立派な教会があり、教会内部には宗教絵画がありました。中央にある祭壇画や周囲を飾っている壁画は、最初の頃はその壮麗さに驚きましたが、数多の宗教絵画に接しているうちに、次第に辟易してきて、私は西洋の感覚に引け目を感じるようになりました。自分の成育歴にキリスト教の造形文化がないことで、どうしても馴染めない要素があると私は自覚していきました。絵画や彫刻はそうした背景を持つ造形芸術であることは充分理解していましたが、私は西洋流の人体描写を拒んでしまう時期もやってきました。キリスト教の宗教絵画を勉強してみようと思ったのは、自分が帰国して、やや西洋が遠ざかった頃からで、昔の記憶を辿った結果であると思っています。自分の感覚の対岸にある圧巻の美術を紐解いてみようと考え、古い時代の宗教画家を調べていくうちにピエロ・デッラ・フランチェスカが現れてきたのです。その後に続くルネサンスで活躍した芸術家たちが始めた技法は、今も透視図法や陰影で立体を表す方法として現在の日本でも定着しています。その発端はピエロ・デッラ・フランチェスカの絵画性かもしれず、ここでじっくり本書を読んで、自分なりの理解に努めてみようと思っています。
    「孤独なる彫刻」読後感
    「孤独なる彫刻」(柳原義達著 アルテヴァン)を読み終えました。著者が渡仏した1951年には、日本人留学生も僅かしかいない状況だったようで、こんな文章がありました。「まだ私費留学生制度でしか渡航出来なかった頃、版画の浜口君(浜口陽三)とともパリに行った。歳の暮れでパリの街は凍りついた大きな岩石の街並みだった。まだ焼けあとのままのバラック的東京からやってきた『おのぼりさん』の私の第一印象だった。この感動が日本文化と西洋文化の違いにつながるものだと、私の立体感の本質的な考えを揺れ動かすことになる。案の定、フランスでの作家の制作の根源が、ゴシックの建築美や、その彫刻美のように、量感の美しさを先行させること、量、奥行、力の美が彼らの本能的な美意識につながっていることをみせられた。」本書の最後に哲学者矢内原伊作との対談が掲載されていて、ジャコメッティのモデルを勤めた矢内原伊作の彫刻に対する考え方が印象的でした。「ジャコメッティという人は自分の仕事について非常に意識的というか、自覚的というか、自分が今何をやっていて、どういう所にいて、これから何をするかといったことを常に自問していた。~略~ジャコメッティの彫刻というのは絵に近い彫刻だと思うんです。つまり、物そのものをつくるというより、何かを見られた物、見たものをつくるという点で、物をつくるというより、ヴィジョンあるいはイマージュをつくるという点で絵に近い。」また、それに対し著者はこんなことを述べていました。「私が鳩をつくったり鴉をつくったりするのは、ジャコメッティの仕事から自分のあり方を見詰めようとしているからじゃないかと思うんです。~略~私の思想としては、先刻言ったように、我々が呼吸しているのと同じように、存在する物は絶えずバランスをとっている。これが基本です。バランスが崩れると、人間死んでしまうわけです。」彫刻家柳原義達は渡仏した時に、彫刻本来の造形を通して、生命の何たるかと掴んで活動を展開したのだろうと思います。私にとっても本書は心に迫る箇所が多い書籍でした。
    東京の美術館&画廊を巡る
    私の個展の時に書道家と版画家がそれぞれ来廊してくれて、案内状をいただきました。書道家は六本木にある国立新美術館で開催中の「毎日書道展」の漢字部門に出品されていて、今回は賞を取っていました。彼は横浜市の校長職にあり、私が退職するまで同僚として多くの相談をさせていただいていました。卒業証書では生徒一人ひとりの氏名を、彼は筆で手書きするそうで、外注に出していた私には真似のできないことだなぁと思っていました。書道の展覧会にほとんど行ったことがない私は、彼からいただける招待状がなければ、書道とは縁がなくなってしまいます。それだけに彼は貴重な知人と言えそうです。次に向かったのは神田駅近くにある画廊でした。私の大学の先輩に当たる人が版画家として活躍していて、そこで版画によるグループ展を開催していたので見に行ったのでした。彼は自然の木々や草をイメージさせる細密な画面を創りだしていて、長い彼との付き合いの中で、作風が俄かに変化の兆しを見せているように感じました。東京は緊急事態宣言が出されている中で、東京オリンピック・パラリンピックをやっていますが、六本木や神田の人出は少ないわけではなく、私も感染症を気にしながら行動をしていました。それでも美術館や画廊は人が少ないように感じましたが、私の内面としては書道や版画が見られて充実していました。午前中は工房に行って、土練りや大きなタタラを複数枚用意していました。半日を創作活動に使い、午後から鑑賞に出かけていくのはなかなか良いものだなぁと思いました。
    週末 通常通りの創作活動へ
    昨日で個展が終わり、今日から通常通りの創作活動に戻そうと朝から工房に出かけました。私は作品が完成した時でも、個展が終了した時でも、このタイミングでは休憩は取りません。ここで休んでしまうと後が続かなくなるかもしれないと思っていて、創作活動が軌道に乗って回り始めたら休憩を取ることにしています。今日はいつも来ている美大受験生を初め、3人の高校生が工房にやって来ました。午前中はそれぞれが課題制作に励んでいましたが、午後になって彼女たちを連れて、横浜の関内にある画廊でグループ展を開催している知人の画家のところに行ってきました。彼は昔の同僚で、教職との二足の草鞋生活を送っています。彼は3人の高校生に直接指導された教諭だったので、久しぶりに会える機会も作ってみたのでした。私もそうでしたが、美術科の教師として教え子が美術の専門の道を歩き出したことを嬉しく思わないわけがなく、彼女たちも創作活動に邁進している教師の姿を見て、大いなる刺激を受けたようでした。現在高校3年生の子は予備校の夏期講習を受けていて、毎日デッサンで苦しい日常を送っているらしく、お世話になった先生に辛い気持ちを伝えていました。数日前にこのNOTE(ブログ)にも書きましたが、俳優の竹中直人さんと私も高校生の時は美大受験の実技試験に向けて頑張っていた時代がありました。美術系の学校へ入学する手段として、現在はデッサンに限ったことはなく、さまざまな方法で入学が許可されているようですが、私はデッサンを基本とする基礎トレーニングには肯定的で、カタチの把握にはデッサン力を身につけるのが一番よいのではないかと思っています。
    21’個展の最終日&搬出
    今年の個展の最終日を迎えました。今回の個展から私は毎日ギャラリーせいほうで来廊された方々と話をする機会を持つことができ、私としては充実した時間を過ごすことができました。とりわけ昔の仲間との旧交は、今の自分の立ち位置を考える契機になりました。どのくらい自分は自我を深められることができたのか、自問自答することもありました。また来廊者の中には、このギャラリーにいると気持ちが落ち着くと言ってくれた人が多くいて、作品を介してさまざまな感想や妄想を吐露してくれましたが、作者の私は自作を眺めているのは、決して落ち着くものではなく、欠点ばかりが目立ってしまうのです。今回私がずっとギャラリーにいて辛かったことは、自作が常に視界に入り、否が応でもそれを見ていなければならなかったことでした。それは作者でしか分からないものですが、ギャラリーという非日常空間で長い時間自分の彫刻に対峙しているのは、誰もが経験できるものではありません。それがあるからこそ、また新作を作ろうという意欲も湧いてくるものだろうと思います。ともあれ、新型コロナウイルス感染拡大で、東京には緊急事態宣言が出されていて、しかも東京オリンピック・パラリンピックが始まっているこの時期に、わざわざギャラリーに足を運んでくださった多くの方々に感謝を申し上げます。本当に有難うございました。搬出作業は夕方6時から始まり、毎回手伝ってくれている運搬業者や若手彫刻家の皆さんに協力していただきました。オリンピックの交通規制を心配していましたが、首都高速が値上げを決行しているせいか、道路はかなり空いていてスムーズに横浜の工房まで作品を運ぶことができました。個展は始まればあっという間に終わってしまうものだなぁという実感を残し、また来年に向けて頑張っていこうと思います。