Yutaka Aihara.com相原裕ウェブギャラリー

note

  • Tag cloud

  • Archives

  • 「ヴァイマルのバウハウス 飛躍から閉鎖まで」のまとめ①
    「バウハウス-歴史と理念」(利光功著 株マイブックサービス)の「第四章 ヴァイマルのバウハウス その三 飛躍から閉鎖まで」の前半部分をまとめます。「工作教育は集団的な建築作業のための重要な前提である。だが手工作教育の目的は手と技術的能力の多面的訓練であって、特異な手工芸家を養成することではない。手工作教育は手段であって自己目的ではないのだ。しかも『バウハウスは機械を造形の近代的手段として肯定し、それとの協調を求める』が、学生に手工訓練を課さずに工業界に送り込む訳にはいかない。手工作業と大工場作業との相違は、原始的な手工道具と、技術的に改良された機械の相違に帰せられるのではなく、手工的なるものの統一作業と、工場的製作過程の分割作業にあるのだ。」また建築に関してはこんな文章がありました。「バウハウスの教育計画で特に注目されるのは、初めて建築教育が具体的に組み込まれたことである。グロピウスの説明によれば、建築の実践にはさまざまな綜合的能力が要求されるのは当然であるが、一層重要なのは機械・電信・高速輸送機関の時代を肯定する新しい建築思想を把握することである。建築は生きた有機体でなければならず、我々は建築の意味と目的がその建築量塊相互の緊張を通しておのずから明瞭な無駄のない建築を創りたい。」という理想がありました。バウハウスは大掛かりな展覧会を開催しました。「学生との討論も行なわれたが、結局外に向ってこれまでの業績を示し、我々が工業家に勝つことができぬと、バウハウスの存続が危うくなるのではないかという危惧の念が、バウハウスをしてこの展覧会を試みることにさせたのである。~略~ドイツ国内はもとよりヨーロッパ各地から、会期中約1万5千人の人々が観覧に訪れ、各種の新聞、雑誌がその模様を報じ論評を加え、一躍バウハウスの存在と特色を世間に知らしめたのであった。」これを読んで高校時代に工業デザイナーを目指していた私は、バウハウスの時代に生まれていたなら、どうしても入学したいと希望していたはずです。「グロピウスが提唱したこの新テーゼによって、バウハウスは機械時代の大量生産工業時代の新しい学校へと脱皮した。これまでのバウハウスはどちらかと言えば旧来の美術学校や工芸学校の延長上にあった。しかるにこの時期からバウハウスは、現代の流行語で言えばデザイン、特にインダストリアル・デザインの教育および実践の機関としてユニークな展開を示すのである。」
    成人の日に思うこと
    今日は成人の日です。20歳で迎える成人は今年が最後で、選挙権年齢が18歳に引き下げられたことや、国際的に18歳成人が主流であることなどから、今年4月より「成年」の定義が見直されることとなりました。今後は18歳で親の同意を得ずに、自分の意思で様々な契約ができるようになりますが、その一方で、飲酒や喫煙、競馬・競輪などはこれまでと同様、20歳までは禁止としています。そもそも成人を祝う儀礼は古くからあり、男子には元服・褌祝、女子には裳着・結髪などがありました。今日工房に来ていた2人の高校生も来年は成人となり、私には複雑な思いが込み上げていました。自分の20歳の頃は何をしていたか、世間から成人と扱われることに戸惑いもありました。私はまだ学生で、親の保護の下で好き勝手なことをやっていたことに躊躇もありました。好き勝手なことで社会に貢献できるものはなく、私は大学という組織に守られながら自己中心の欲求に従っていたのでしたが、芸術という魔力に益々犯されていて、社会人として働いている同期生に会うと、私は俯いてしまうのでした。経済的に安定しないことは社会人としてどうなのかを問いかけつつ、私はとんでもないものを生きがいに感じていて、将来に対する漠然とした不安はありました。とんでもないもの、それは芸術分野の中でも手間がかかり、制作場所にある程度の空間を必要とする彫刻表現でした。これは大学の中だけでやっていくものだと割り切っている友人もいましたが、私の考えは違っていました。20歳を境にして私は、このとんでもないものを生涯の目標に据えました。その経済的保険として教職公務員になりましたが、教職は思っているほど甘くはなく、結果として私は二兎を追う者になりました。私にとって成人の日とは、早々に自立することではなく、生きがいとする目標が見えた日であったと思い返しています。自立はその後からやってきました。成人の日に私はそんな思いが頭を巡りました。
    週末 三連休は陶彫三昧
    明日が成人の日なので、昨日から明日にかけて三連休になっています。教職に就いていた頃は、三連休の有難味を感じながら創作活動に邁進していましたが、退職した今となっては、通常のルーティンの中で三連休を過ごしています。貴重な時間を惜しみながら夢中で過ごしていた昨年とは、かなり気分が異なっているのですが、長年の習慣の名残があって、今日も時間を無駄にしないように効率的な制作をやっていました。昼食ももう少し休んでも問題にならないとは思いながら、15分程度で切り上げて、午後も引き続き陶土との格闘を始めました。今日は陶彫成形を行っていて、陶彫制作の中では一番彫刻的な感覚が求められるのです。立体を造形する面白みがあるので、陶彫の立体をくるくる回しながら、膨らませる部分や凹ませる部分を決めていきます。陶彫は陶土を平たく延ばしたタタラを立ち上げて立体化するので、中身は空洞になっています。陶土を立ち上げる際に薄く弱くなったところは、裏側から紐状にした陶土を貼り付けて補強するのです。陶土の厚さを均一にすること、無理な曲面は避けること、どこかに穴を空けて空気を流れ易くすること、など焼成を成功させるための工夫があるのです。それでも思わぬところが罅割れしていることもあります。技巧として長い歴史に裏打ちされている陶芸とは、まるで違う世界です。陶土もさまざまな種類を使いたいと欲していますが、ひとつの混合陶土を未だに使いこなせない私は、毎回同じ陶土で作品を作り、個展を開催しているのです。明日も陶彫に埋没した時間を過ごします。三連休は陶彫三昧、それはそれで私は満足しています。
    週末 陶彫追加分の制作
    週末になりました。週末になると1週間を振り返って、制作状況をNOTE(ブログ)に書いています。今週はずっと工房に通っていました。映画館にアニメーション映画を観に行ったり、横浜では珍しく積雪があったりした1週間でしたが、工房には毎日休むことなく顔を出し、陶彫制作に励んでいました。今夏、東京銀座で発表する新作の大規模作品をやっていましたが、全体構成の中で追加作品が4点必要になり、それにずっと取り掛かっていました。4点のうち2点は成形と彫り込み加飾が終わって、乾燥を待っているところです。4点は結構大きな陶彫部品になり、小手先では作れないなぁと感じました。補充するというよりは全体構成を担う部分になりそうです。その前は作品の土台になる木材加工をやっていたので、改めて陶彫制作に戻ってきて、陶彫の醍醐味に触れました。私の自己表現は陶彫なしには成り立たないと思いました。陶彫部品の追加制作はこの週末では終わらないので、来週も継続になります。全部が出揃うのは一体いつになるのか、焼成を含めると今月いっぱいはかかりそうです。私は昨年3月末に教職公務員を退職して以来、ずっと陶彫制作に関わり、緊張感を緩めることなく続けてきました。創作活動は自分を追い込むために精神的に厳しい一面もあり、身体に負担を強いているのではないかと思うところがあります。ずっとそうしてやってきているので、身体や心が慣れていて、日頃は負担感を感じていないのですが、胃腸の具合が良くない時もあり、その時は制作時間を軽くして対応しています。制作工程には余裕があるので大丈夫なのですが、焦ることが日常化していた昨年春までの生活があまりにも身体に沁みついていて、就寝の時に制作が間に合わない夢を見ていて、焦って起床することもありました。二足の草鞋生活の後遺症なのかもしれません。
    22’RECORDの年間方針
    一日1点ポストカード大の平面作品を作っているRECORDは、文字通りRECORD(記録)で日記のようにその日の考えをまとめ、自己表現を行なっているのです。2007年から始めていて、もう10数年間も一日たりとも休むことなく、同じ大きさの厚紙にペンや絵の具等を使って、月々のテーマとしているものを描いています。随分前にこのRECORDを立体化できないか思案したことがありました。初期の頃は木材を使って半立体にしたRECORD作品もあります。その頃は教職との二足の草鞋生活を送っていて、多忙を極めていた時だったので完全な立体として作ることは不可能かなぁと思いました。ましてやこれを陶彫作品としてRECORDにするのは無理と判断しました。その胸に仕舞いこんでいた考えを今年試みようとしています。現在制作中の今夏に個展で発表する陶彫による集合彫刻がありますが、それと並行してRECORD立体版を作っているのです。それが上手くいけば来年の夏に発表する新しいタイプの作品になります。そのアイデアを今年のRECORDにしてまとめているのです。RECORD用紙は今までと同じサイズのものを使っています。そこに正方形を描き、陶彫作品のアイデアを入れています。私の小品シリーズに「陶紋」がありますが、要するに陶紋の下書きに近いものをRECORD平面版でやっているというわけです。陶彫では同じサイズの立方体を1年間365日、365点の陶彫作品として作っていて、その下書きのアイデアをRECORDに落とし込んでいるのです。来年の発表形態としては立体と平面の両方を展示しようかと思っているところですが、以前に横浜市民ギャラリーで最初の1年間のRECORDを額装して発表したことがあります。その手製の額がまだ残っていて、工房のロフトに置いてあります。2022年のRECORDは今までのRECORDと違い、陶彫制作と連繋して進めていくことになりました。