Yutaka Aihara.com相原裕ウェブギャラリー

note

  • Tag cloud

  • Archives

  • 映画「RRR」雑感
    今日の午前中は陶彫制作を行い、午後は家内を誘って映画を観に出かけました。横浜駅近くのエンターテイメント系の映画館で観たのは、インド映画「RRR」でした。「RRR」とは英語で蜂起(Rise)、咆哮(Roar)、反乱(Revolt)の意味らしいのですが、インドでは「怒り」、「戦争」、「血」を意味するRの入ったそれぞれの単語を用いているようです。これは3時間に及ぶ超大作の痛快娯楽映画で、アクションあり、ダンスありのパワフルな映像に溢れていました。物語は1920年代のイギリス植民地時代のインドで、支配者として振る舞うイギリス人たちの政策に、民衆の怒りが沸点に達し、反英運動が燃え上がっていた時代背景があります。そこに2人の英雄が登場してきます。一人は総督に妹を攫われたゴーンド族のリーダーで、妹の奪還に向かいます。もう一人はインド人ですが、英国の警察官として勇敢な働きをしても認められない男で、そんな彼にも過去があり、反英闘争に勝利したい意志に貫かれているのです。2人は素性を知らないまま、爆破事故に巻き込まれた少年を助けたことで、意気投合し、固い友情で結ばれていきます。やがてお互いの素性が分かり、2人の間に諍いが生じますが、物語が二転三転して、2人の目的が反政府運動に収斂し、イギリスの支配を終わらせるという大きな流れに向かっていきます。本作のストーリー仕立てはとても単純で、分かりやすい展開になっていますが、インド映画の独特な特徴は、怒りや復讐に対し、まっすぐに突き進み、しつこいくらいに徹底的に相手を懲らしめて、大団円を迎えるという明快で圧倒的なパワーです。観ている私たちはエネルギーを注入されるような思いで、ストレスを発散するのと同時に、心が活性化されるような気がします。そのひとつがキレのよいダンスで、その動きに思わず見惚れてしまいます。見終わった後、家内は「たまにはこういうのもいいよね」と言っていました。
    「溶ける魚」を読み始める
    「シュルレアリスム宣言・溶ける魚」(アンドレ・ブルトン著 巖谷國士訳 岩波書店)の「溶ける魚」を読み始めました。書籍の前半に掲載されていた「シュルレアリスム宣言」によると、「溶ける魚」はシュルレアリスム言語として自動記述によって書かれた文学作品であることが分かっています。頁を捲ると溢れるばかりの詩的言語で綴られていて、「溶ける魚」の1から32まである単元の主旨をそれぞれまとめることは不可能だろうと感じました。自分なりに気に留めた箇所の引用をしていこうと思います。こうした引用が愈々自分の常套手段になりつつありますが、今回ばかりは詩的発想をどう扱うかを考えた結果、引用しかないと思っています。私は「溶ける魚」という題名をどこかで聞いた気がして、いろいろ自分の記憶を探っていたところ、自宅の書棚を見て、漸く思い出しました。学生の頃、愛読していた「思考する魚」(池田満寿夫著 番町書房)からきていたのでした。「シュルレアリスム宣言」の中にこんな記述があります。「溶ける魚といえば、私こそがその溶ける魚なのではないか、げんに私は〈双魚宮〉の星のもとに生まれているし、人間は自分の思考のなかで溶けるものなのだ!シュルレアリスムの動物界と植物界は、おいそれと打ちあけられないものである。」一方、「思考する魚」にも題名を決める対話の中で「そうだいっそのこと『思考する魚』ってのはどうだろう?”考える葦”というのもあるけれど、『思考する魚』。うんこれだ。これでいこう。ブルトンの詩集かなんかにありそうな題だが、あれはたしか『溶ける魚』だったネ。あるいはクレーの画題にもありそうだ。」という内容が掲載されていました。池田満寿夫もブルトンと同じ魚座だそうで、そうしたことが題名に反映していることが分かりました。本書は1974年11月に初版が出ていますが、私の手元にはその初版本があります。版画家として名声を確立していた著者は当時私たち美大生の憧れの的だったように記憶しています。 
    シュルレアリスム宣言に向けて
    「シュルレアリスム宣言・溶ける魚」(アンドレ・ブルトン著 巖谷國士訳 岩波書店)の「シュルレアリスム宣言」部分の最後の個所に差し掛かりました。「シュルレアリスム言語の諸形態がいちばんよく適合するのは、やはり対話である。そこでは二つの思考がぶつかりあい、一方が心をうちあけているあいだ、他方はそれにかかずらわる。だが、どんなふうにかかずらわるのか?相手の思考を自分に合体させるのだと仮定することは、しばらくのあいだその相手の思考によって完全に生きることが可能だと認めることになろうが、そんなことはおよそありえない。~略~私がこの研究をささげている詩的シュルレアリスムは、こんにちまでのところ、ふたりの対話者を礼儀のおしつけあいから解放することによって、対話をその絶対的真理のうちに建てなおそうと専念してきた。対話者のひとりひとりは、ただひたすら独り言をつづけるばかりで、そこからなにか弁証法的な愉しみをくみとったり、多少なりとも隣人を感服させたりすることをもとめはしない。」著者が考えるシュルレアリスムのイメージとはどんなものでしょうか。「シュルレアリスム的なイメージについては、あの阿片によるイメージとおなじようなことがいえる。つまり、もはや人間のほうからよびおこされるものではなく、『自然発生的に、うむをいわさず人間にさしだされたものである。人間はこれを追いはらうことができない。なぜなら、意志はもはや力をもたず、もはや諸機能を支配してはいないからである。』あとはそのようなイメージをかつて『よびおこした』ことがあるかどうか、それを知りさえすればよい。」文章の最後にこんなことが書かれていました。「私が思いえがいているシュルレアリスムは、私たちの絶対的な非順応主義をじゅうぶん明らかにしているので、現実世界をめぐる訴訟にあたって、弁護側の証人として召喚されることなど問題にもならないほどである。それどころか、シュルレアリスムが弁護することのできるものといえば、私たちがこの世でなんとか行きつこうとしている完全な放心の状態だけだろう。」
    シュルレアリスムの自動記述
    「シュルレアリスム宣言・溶ける魚」(アンドレ・ブルトン著 巖谷國士訳 岩波書店)を読んでいて、漸く「自動記述」のことに触れた箇所が登場してきました。その前段階として詩についての記述がありました。「詩は私たちの耐えているもろもろの悲惨に対する完全な補償をうちにふくんでいる。詩はまた、なにかさほど本質でない失意におそわれて、それをすこしでも悲劇的にとらえたいなどと思うときには、とりなし役をはたすこともできる。」そうした詩の本質を踏まえて、自動記述に関する文章がありました。「文学的にどんな結果が生じうるかなどはみごとに無視して、紙に字を書きまくることをくわだてた。」この箇所があった頁に注釈が掲載されていて、著者の具体的な記述があったので引用いたします。「いきなり、偶然に、じつに美しい文句が、いままで書いたこともないような文句が見つかったのだ。一語一語、ゆっくりとくりかえしてみたが、どれもみごとなものだった。しかもどんどんつづいてくるのだった。私はおきあがって、ベッドのうしろのテーブルの上にある紙と鉛筆をとった。ちょうど私のなかでどこか血管がやぶれたかのように、つぎからつぎへと言葉がやってきて、それぞれ適当な場所におさまり、場面にぴったりはまった。私の頭のなかに、舞台がつみかさなり、筋が展開され、台詞がわきあがってきて、私はおどろくほど有頂天になった。いろんな着想があまりにも迅速にやってきて、あまりにも大量に流れつづけるので、微妙な細部をたくさんとりにがしてしまったほどである。なにしろ、私の鉛筆はそんなにすばやくはすすめられなかったから。」ここに論理的思考はなく、溢れ出る言葉の発露に身を任せている著者の姿があります。つまり、シュルレアリスムとは何か、著者自身が定義した文章がありました。「シュルレアリスム。男性名詞。心の純粋な自動現象であり、それにもとづいて口述、記述、その他あらゆる方法を用いつつ、思考の実際上の働きを表現しようとくわだてる。理性によって行使されるどんな統制もなく、美学上ないし道徳上のどんな気づかいからもはなれた思考の書きとり。」
    週末 全体構成からの解放
    日曜日ですが、彫刻家一本になっている現在は、ウィークディと変わらず工房に朝から籠って陶彫制作に精を出しています。昨日のNOTE(ブログ)で現在制作している陶彫にひとつずつ日付をつけていると書きました。これは今までにない新しい取り組みですが、もうひとつ新しい取り組みがあります。今までの作品は陶彫部品を組み合わせる集合彫刻であり、スケールの大きな作品を作るために陶彫部品一つ一つをどのように組み立てていくか、設計図を描いていきました。陶彫部品はあくまでも部品であって、それが独立した存在であっても最終的には歯車のひとつになって大きな作品を支えていくのです。陶彫部品の見えないところに和紙を貼り付けて、そこに押印とともに番号をつけていたのも、組み立ての順番を示していたのです。一方、新作の同じサイズの立方体は陶彫部品ではありません。それぞれが独立した作品として認識しています。つまり最終的な集合彫刻をイメージしていないのです。立方体を積み上げることも、ばらばらに床に散らせることも自由です。たとえば図録用の写真撮影をする場合、野外工房や室内工房に作品を置きますが、その場の状況に合わせて自由に配置していきます。私には若手のスタッフがいますが、彼らの意見をその場で聞いてアレンジすることも可能です。図録に掲載する作品写真と、ギャラリーに展示する作品の配置を変えていくことも可能です。私は以前から作品の集合と拡散を考えていました。集合は既存の作品のほとんどで試みていますが、拡散はこれからのテーマになるだろうと思っています。つまり今回の作品は全体構成からの解放になります。拡散する作品群は、たとえ展示場所が階段であっても配置が可能です。風景の中に散らして見え隠れする状況も作り出せます。私の作品が空間演出を対象にしているために、こんなイメージが出てきたのです。