Yutaka Aihara.com相原裕ウェブギャラリー

note

  • Tag cloud

  • Archives

  • 「シュルレアリスム宣言・溶ける魚」を読み始める
    「シュルレアリスム宣言・溶ける魚」(アンドレ・ブルトン著 巖谷國士訳 岩波書店)を読み始めました。何をいまさらシュルレアリスムなのかと自問自答しましたが、実のところ私自身は本書を読むのは初めてなのです。自宅の書棚には「シュルレアリスムと絵画」(瀧口修造・ 巖谷國士監修 人文書院)と「魔術的芸術」(巖谷國士監修 河出書房新社)があって、この2冊がアンドレ・ブルトンによって著わされた書籍で、私にシュルレアリスムを指南してくれた貴重な資料なのでした。勿論日本人評論家が著したシュルレアリスムに関する資料もありますが、シュルレアリスムは私の中で旧知の芸術運動であり、私の芸術に関する思考の中でも今も大きな位置を占めています。シュルレアリスムは超現実主義として美術教育の中でも取り上げられ、小学校時代に私はサルバドール・ダリの絵画を見て、その不思議さが印象に残りました。ダリの絵画はシュルレアリスムの代名詞になっていましたが、高校時代にさらにさまざまな画家を知るにつけ、シュルレアリスムの定義を知りたくなっていました。実際のシュルレアリスムは多様性に富み、広範囲な考え方を網羅していることも学びました。私が20代で滞在していたウィーンでは、画廊のウィンドウに当時席巻していたウィーン幻想派の絵画や版画が飾られていましたが、これもシュルレアリスムの範疇にあったようです。ウィーン幻想派は黙示録的ビジョンやエロティックな要素が強く、ウィーンの古い街と融和して独特な雰囲気を醸し出していました。20代の頃の私は、日本で学校を出ても就職活動をせず、ヨーロッパを彷徨う不安定な生活を送っていたので、ウィーン幻想派の精神分析的な画風に取り込まれてしまい、見えない将来に対して暗中模索を繰り返していました。シュルレアリスムと聞くと、私はそんな青春の感傷が頭を過るのです。これは個人的過ぎる感情の一幕ですが、帰国後改めてシュルレアリスムの思想を研究しました。今回読み始めた「シュルレアリスム宣言・溶ける魚」は私にとって再確認の意味もあります。一歩ずつ踏みしめて読んでいこうと思います。
    週末 加飾のバリエーション
    日曜日になると後輩の木彫家が工房に現れます。頻繁に来ている美大生もやってきます。私を含めて3人でそれぞれ自分の課題に向き合い、一生懸命制作に励むのが、定番の日曜日の過ごし方になっています。今日は朝から夕方まで木彫、染織下書き、陶彫と3人3様の作業をしていました。工房内に張り詰めた空気が流れることもあり、私はそんな瞬間が好きなのです。私の陶彫制作は常に同じサイズの立方体を作っていて、彫刻的な変化はありません。その分、工芸的な作業になりますが、彫り込み加飾の差異によって、ひとつずつの陶彫作品の個性を打ち出そうとしています。これを今年は100点以上も作るので、彫り込み加飾のバリエーションを考え抜かねばならず、新作の重要度はそこに尽きると言ってもいいと思っています。加飾は5㎜程度の深さを彫り込み、文様を浮かび上がらせるもので、抽象レリーフとして扱っています。一日1点ずつ作っている平面RECORDと同じ5日間で展開する様式を採用していて、言わば立体RECORDと称してもいいくらいの連続性を有しています。例えば幾何形態の三角形は、隣り合う三角形に微妙な角度をつけたり、一辺の長さを変えたりしてバリエーションを作っています。表面を三角形で覆う立方体では、同じ三角形の穴をあけています。陶土の厚みを均一にするため、立方体内部は空洞になっていて、それを利用して大小さまざまな穴をあけ、形態に軽みを持たせているのです。焼成の際に空気の通りをよくする穴は必要なもので、それをデザインに利用しているのです。そうした彫り込み加飾は遊びの要素がたっぷり盛り込まれていて、陶彫制作を楽しくさせていると私は感じています。思索を練り、全体の統一を考えながら、遊びで楽しむ、それが立体RECORDの醍醐味ではないかと思っています。
    週末 障壁画に心動いた週
    週末になりました。1週間の振り返りをしたいと思います。今週もいつものように毎日工房に通って陶彫制作に精を出していました。月曜日は成人の日で、美大生がやってきて課題をやっていました。火曜日も水曜日も朝から夕方まで作業をやっていましたが、木曜日は朝だけの作業に切り替え、午後は画廊や美術館に出かけました。とりわけ印象的だったのは東京のサントリー美術館で開催していた「京都・智積院の名宝」展にあった長谷川等伯一門の障壁画で、忽ち私の心が動きました。平日にも関わらず、展覧会には人が大勢鑑賞に来ていて、作品の人気度が分かりました。描かれていた桜や楓には遠近感がなく、ちょうど春の花見や秋の紅葉狩りで目にするような艶やかな彩りだけで全体構成が成されていました。昨日NOTE(ブログ)に書きましたが、あえてそうした構成にしたことが図録の文章より伺えました。安土桃山時代あたりから継続されてきた日本らしい表現には、現代にも通じるデザイン性が見て取れて、元々私たち日本人は写実を象徴化する美意識が備わっているのかなぁと思うようになりました。いや、安土桃山時代どころか、さらに古墳時代まで遡り、熊本県にあるチブサン古墳の抽象的な壁画にも優れたデザイン性を有していると私は考えているのです。チブサン古墳は20世紀に西洋で興った抽象主義の先駆けのようなデザインだろうと私は勝手に思っています。話が飛躍してしまいましたが、長谷川等伯一門が描いた障壁画に古さを感じないのは、日本人の持つデザイン感覚に委ねている部分が多いのではないかと私は察しています。金曜日と今日の土曜日は朝から夕方まで陶彫制作に戻ってきましたが、美的感覚に溢れる障壁画を鑑賞したおかげで、制作に弾みがつきました。明日も継続して制作三昧です。
    六本木の「京都・智積院の名宝」展
    昨日は東京六本木にあるサントリー美術館で開催している「京都・智積院の名宝」展に行ってきました。私が見たい本展の作品は長谷川等伯一門による障壁画でした。長谷川等伯といえば《松林図屏風》が有名で、水墨の濃淡で描かれた幽玄の世界を幾度となく堪能している私は、今回の金碧障壁画は言わば対極的様式を成すもので、等伯の画力の凄さを知ることになりました。当時、等伯は狩野永徳とライバル視される地位に上り詰め、狩野派を脅かす存在になっていたようで、《桜図》や《楓図》を見ると確かにその描写や構図の堂々とした佇まいは、豊臣秀吉が幼子鶴松の菩提を弔うために依頼した経緯が理解できます。図録によると「宋元絵画における花鳥図を積極的に学んだ成果によるものか、複数種の草花を無造作に交差させ、勢いよく生い茂らせている。ここに狩野派とは異なる野趣あふれる魅力が演出されているといえよう。」また《桜図》にはこんな文章がありました。「等伯は永徳の桜図を構想の下敷きに描いたと自然に推定される。さらに、桜の描写そのものも、天瑞寺障壁画においてすでに胡紛を盛り上げて花弁を表わし、『浮きザクラ』として評判を呼んだことが史料により確認できる。」続いて《楓図》。「《楓図》に描かれた楓も桜と同様で、緑から赤に色づく楓の紅葉を、同じサイズの楓型に切り取った色紙を上下左右に貼り付けるようにして画面を展開させるかのようだ。工芸的と言えば工芸的、装飾的と言えば装飾的であるが、思えば春の花見も、秋の紅葉狩りも、単純に満開の花や赤い紅葉をみれば人々は満足したのであり、奥行きのある山野の自然な姿の再現よりは『満開の花』『紅葉の鮮やかさ』という単純なみごとさこそを直截的に伝えるべく強調して狙ったのだと言えよう。」(引用は全て石田佳也著)確かに障壁画の画面は大きく絢爛豪華たる雰囲気で、人を圧倒するのには十分な力量を感じました。私が注目した作品がもう1点ありました。《十六羅漢図屏風》です。羅漢の個性的な風貌とユーモラスな雰囲気に時間を忘れて見入ってしまいました。等伯71歳の作品と記されていたのですが、《桜図》を描いた等伯の長男である久蔵は26歳で早世しています。本来なら父の跡を継いで一門を率いる存在だったはずですが、残念なことになったなぁと思ってしまいました。それでも作品は後世にまで残り、長谷川等伯一門の在りし日を伝えています。
    陶彫制作&画廊、美術館へ
    今日の午前中は工房に行って陶彫制作に勤しみましたが、午後は画廊や美術館に出かけて鑑賞の時間にあてました。家内を誘って、まず横浜の中心街にある画廊で開催しているグループ展を見てきました。そのグループ展は嘗て教員仲間だった人たちが参加している会で、その中の一人は市教育委員会指導主事になり、もう一人は横浜国大教授として美術教育理論に携わっている現役の人たちです。彼らと私は一緒に仕事をしていた時期もあり、私の東京銀座での個展にも来てくれているので、今日は私がグループ展に足を運んだのでした。教育的には重要なポジションで仕事をしていながら、創作活動を進めていくのは大変なことだろうと思っていましたが、国際的な社会状況により作品を通して主張したいテーマが、作家によってはあったらしく、今回の制作に繋がっていたように感じました。この画廊のある界隈は旧市民ギャラリーがあった場所で、私には懐かしさもありました。旧市民ギャラリーは現在、関東学院大学の新校舎が出来上がっており、その地上階にある新しくできたレストランで食事をとりました。大学はまだ学生を受け入れていない状況でしたが、時代が変わったことを知るには十分な環境変化でした。その後、家内と私は東京六本木に向かいました。サントリー美術館で開催中の「京都・智積院の名宝」展を見に行ったのでした。これは宗祖弘法大師生誕1250年記念事業として、総本山智積院宝物館を建設するために、その代表的な宝物をサントリー美術館に貸与する機会があり、貴重な作品が寺外で公開されるとあって私の心はざわめきました。とりわけ私の興味関心は、長谷川等伯一門による障壁画で、その大きさを知るにつけ、これはどうしても見たいと思っていたのでした。長谷川等伯は、狩野永徳との関係で狩野派のライバルとされた絵師であるのは、概案として私は知っていましたが、その詳細な点検をしてみたいと常々思っていたのでした。それも含めて障壁画の感想は後日に回したいと思っています。今日は充実した一日を過ごしました。