Yutaka Aihara.com相原裕ウェブギャラリー

note

  • Tag cloud

  • Archives

  • 「高村光太郎と近代彫刻」のまとめ②
    「美学事始」(神林恒道著 勁草書房)の「第二部 芸術論の展開」の「2 高村光太郎と近代彫刻」を3つの要点にまとめて記述しています。私にとって本単元は最重要な事柄が書かれていて、まさに私が学んできた西欧輸入の彫塑の流れとその在り方が明示されているからです。「フェノロサが日本の伝統的美術を再認識するに至ったのは、明治13年の奈良方面への旅行が契機となっている。そこでフェノロサが目にした、飛鳥天平の古仏がどのような衝撃的な感動を彼にもたらしたかは、人のよく知るところである。だがこの時期、かつての良き伝統は過去の歴史の中にしか求められなかったのであり、仏師たちが継承したものはもはや形骸化した彫技に過ぎない。伝統的木彫科とは言いながら、そこに絵画と同じ対決の構図をそのまま適用することは不可能だったのである。そこで取るべき道はと言えば、(高村)光雲が目指したように洋風彫刻の『逼真』の技術を学び直すことによって伝統的彫技に新しい息吹をもたらすことしか残されていない。すなわち西欧的リアリズムと伝統的彫技との同化、あるいは和洋融合の方向である。~略~(岡倉)天心は伝統的彫刻の世界で写実が時熟するのを待っていたのかも知れない。今ようやく東洋的あるいは日本的題材を、木彫という伝統的技術を自在に駆使して表現することが可能な時節が到来したのだと考えたのかも知れない。」光雲の子息であった光太郎が、ロダンに接したことで彫刻の本性を認識するくだりは、多少長くなりますが、引用いたします。「光太郎は自分と同じくロダンに傾倒した荻原守衛が、これからの日本の彫刻の未来を担うべき作家であったと、その夭折を悼んでいるが、確かに荻原こそはロダンの彫刻が目指したものが何であったかを理解し、それを自らの作品を通じて表現しえた第一人者であったことは、だれもが認めるところであろう。その彼の彫刻観は後に『彫刻真髄』にまとめられてはいるが、そこで語られるところのものは、なお作家としての体験とその反省を越えるものではない。これに対して光太郎は彫刻家をもって自らの天職と認じながらも、彫刻の作家である以上に理論家でありえた人物であろう。~略~光太郎によれば、彫刻の本性は『本能の欲求から発する』ものであり、『確に手でつかめるもの』という原始的な喜びから『確に其処に在る事の不思議な強さ』を感じる精神的高揚に至るまで、すべて皆これは立体感からくる彫刻の特質であり、一切の彫刻はここを中心として集まるのだと語っている。この意味での立体感が欠如した彫刻は、もはや彫刻とは言えない。」今回はここまでにします。
    地元の学校運営協議会
    私が教職に就いていた頃は、自分の住んでいる地元のことに無頓着でした。勤務先の学校のある地域の行事や会議に頻繁に出かけて、地域と学校の連携に努めていました。昨年の退職を機会に自分の地元に目を向けようと考えていた時に、地元の公立中学校の校長から学校運営協議会に誘われて、遅れ馳せながら地元に貢献してみようかと考えました。私が住んでいる場所は、横浜市でも郊外になり、今も田畑や雑木林が残っています。私の小さな頃に比べれば、宅地造成が進み、駅前にも高層マンションが建ちましたが、横浜の中心地に比べれば、まだ緑の多い地域ではないかと思っています。そこでは鎌倉時代には畠山重忠が北条義時率いる大軍に攻められて滅ぼされた事件があり、その古戦場が万騎が原という地名になったという由縁があります。私が学校運営協議会に誘われた中学校は、私の母校であり、当時は横浜屈指のマンモス校でした。1学年で十数クラスあり、私は10期生でした。その頃はまだ旭区もなくて、中学校は保土ヶ谷区に属していました。学校運営協議会は地域教育行政の学校運営に関する法律があって存在するもので、通常の地域会議とは異なります。委員には報酬が支払われるので、これはボランティアではありません。私は生徒目線に立って、彼らの安心安全のために何か施策を考えていこうと提案してみました。私が校長職にあった時に、こんなことが出来たかもしれないと思っていて、それを地元への貢献として返していきたいと思っています。
    「高村光太郎と近代彫刻」のまとめ①
    「美学事始」(神林恒道著 勁草書房)の「第二部 芸術論の展開」の次の単元は、私の注目ポイントであり、本書を読む前に高村光太郎関連の書籍や荻原守衛の「彫刻真髄」を学生時代に読んでいたので、このあたりの概観は掴んでいました。その確認も込めて「2 高村光太郎と近代彫刻」をじっくり読んでいきます。気が逸る中で、敢えて本単元を前・中・後半に分けてまとめます。「光太郎が《考える人》の写真を見て感動していた頃、この写真を写したと考えられるパリの展覧会場でこの作品を直接眺めて深く心を打たれた人物がいた。後にこれが契機となって、最初志していた画家から彫刻の道に転じた荻原守衛であった。」私はこれを日本の近代彫刻の出発と考えていて、これをドラマティックな映像表現にならないものか、誰か映画に仕立てて欲しいと勝手に願っていたものでした。「一般に絵画も彫刻も一纏にして造形芸術として括られてしまう場合が多い。だが絵画と彫刻のそれぞれに関わる、われわれの感覚は、実は本質的に異なるものである。つまり絵画は視覚の芸術であるのに対して、18世紀のヘルダーの『彫塑論』以来言われてきているように、彫刻は根源的に触覚に関わる芸術だということである。」やがて日本に彫刻の概念が導入されてきます。「彫り刻むということをもって『彫刻』と考えていた当時の彫刻学科の生徒たちがまず当惑したのは、洋風彫刻を習得するための基礎として学ばされた油土と石膏というまったく新しい彫刻材料を用いての造像であった。これらの素材の新奇性もさることながら、当時の日本ではこれらの材料を調達すること自体きわめて難しい状況にあった。~略~ミケランジェロでは『彫刻』がその作品の主たるものであったのに対して、ロダンの作品の主なるものは『塑造』から出ている。『彫塑』という芸術に固有な手触りの感覚は、塑造作品においてより強く印象づけられるであろう。ミケランジェロ以後、アカデミーの伝統のうちに見失われていったのは、ロダンによって蘇ったこの根源的な触覚の表現だったといえるのではなかろうか。」荻原守衛と高村光太郎の、巨匠ロダンを巡る奇跡の出会いに感嘆するのは私ばかりではないはずです。「荻原守衛はその当初画家として芸術の道を志した。高村光太郎は仏師という伝統的な木彫の技術の継承者の家に生まれている。従来のアカデミズムという物差しでロダンを測るならば、いわゆる古典主義の規範から逸脱した極端なポーズや見た目には粗悪に見える仕上げなどから奇矯な作家というほかなかろう。だが荻原は絵画的なものとの違いに気づくことから、高村は鑿と小刀を振るって巧緻の限りを尽くした彫り物と対照的なロダンの塑造との違いに眼差しを凝らすことから、ロダンが近代において再生を目論んだ彫刻の何たるかをたちどころに悟ることができたのではなかろうか。」今回はここまでにします。
    週末 作業意欲を維持する工夫
    7月個展に出品する作品が完成し、現在それらを梱包する作業に追われています。これは創作活動ではないため、作業意欲が今ひとつ起こらず、平坦な道をただ歩いているような錯覚に陥ります。創作活動は困難と思われる上り坂をどう攻略するかを常に考えながら、達成された時のイメージを持ちつつ制作を続けているため、意欲が沸々と湧いてくるのです。陶彫部品を収めるための木箱作りは、昨年も一昨年も同じで、段取りを思い出しながら製作をしているため、やはり退屈さを覚えてしまいます。梱包をやらなければならないのは重々承知していますが、何か工夫が必要だなぁと思いました。そこで随分前から取り組んでいた来年発表する陶彫の新作にまた手を入れ始めました。午前中は梱包作業をやって、午後は新作に取り組み出すと、気持ちが次第に落ち着いてきました。もう来年に向けて走り出した方が調子が良くなるのかもしれません。来年の新作に関するコンセプトは決まっています。それは別の機会に説明させていただきますが、一時は今年発表する作品と同時進行をしていました。今年の作品の図録用写真撮影日が近づくにつれて、来年の作品は後回しにしてしまいました。今日から再度来年の作品に取り掛かることにしました。自分の中では脈々と続く創造世界があって、一貫した思考の下で制作が続いていく感覚があります。そんな中で歩みを止めることが出来ないと実感しました。次作のイメージは突如降って湧くものではなく、継続する造形思考の深まりの中で降ってくるものです。それを展開と呼ぶのが相応しいのか、または発展なのかはよく分かりませんが、自分の中ではずっと続いていく道なのです。明日から梱包作業と同時進行で新作に取り組んでいこうと決めました。
    週末 梱包用木箱を作り始める
    週末になりました。今週を振り返ると7月個展に向けた準備として作品の梱包を始めました。木工土台のビニールシートによる梱包は大体終わったので、これからは陶彫部品を収める木箱を作り始めることにします。ビニールシートへの貼り付けもそうですが、陶彫部品を包むのにもエアキャップが必要で、量販店から大きなロールを3束購入してきました。エアキャップは油絵の具の塗装面や陶彫部品の破損を防ぐためのクッションの役目をするので、相当な量が必要です。木箱を作るためのベニア板も垂木も充分揃えたつもりでも毎年足りなくなります。まぁ、大量に購入して在庫をしてしまうのも倉庫の場所をとってしまうので、梱包の具合を見ながら建材店や量販店に頻繁に通うことになるのです。梱包にこれほど気を使っている彫刻家は私以外にいないように思います。梱包は創作活動に比べれば退屈な作業ですが、長く作品を保存をするとなればこれは大切な作業です。私の作品が早々に売れていかないので、なかなか辛い気分にもなります。今日は工房に美大生がやってきて自らの課題をやっていました。週末は教え子が来るというのが習慣になっています。彼女は染織専攻ですが、自分で日本美術の琳派の研究を始めるようで、琳派文様が自らの専攻に生かせるといいのかなぁと思いました。俵屋宗達や尾形光琳のことを彼女と話せるのが、退屈な梱包作業の一服の楽しみになっていました。私自身も20年以上前に、ウィーンでG・クリムトの絵画を見た時、尾形光琳の「紅白梅図屏風」の中央に描いてある川の流れの表現を見て、クリムトの装飾文様と交差して、一つの画面の中で立体と平面が織り成す不思議さに心打たれました。そんなことを思い出した一幕でした。