Yutaka Aihara.com相原裕ウェブギャラリー

note

  • Tag cloud

  • Archives

  • 「死と生の遊び」読後感
    「死と生の遊び」(酒井健著 魁星出版)を読み終えました。全編を通じて、私が嘗て何らか興味を持ったものばかりで、この書籍を購入しようとした動機が、旧知のものを再度考え直したい欲求に駆られていたためではないかと思っています。副題に「縄文からクレー」までと記されていて、そのうちの幾つかは私が実際に目にしたものも含まれていました。未だ目にしていないのはラスコー洞窟壁画、ケルトの造形美術、ピカソの「ゲルニカ」くらいで、私自身欧州に5年間に及ぶ滞在期間があったので、本書の中に出てきたものはほとんど網羅していると自負しています。ただ、その頃は知識が少なく、何気なく見ていた印象があり、もったいないことをしたなぁと振り返っています。実際の鑑賞体験にはある程度の知識理解が必要で、その時代背景を考えたり、歴史の潮流の中での革新性を考えたりすれば、目の前のものの力が迫ってくるような感覚になったりするものです。ただし、当時の浅はかな知識であってもルネサンスの絵画群や西洋様式の変遷美や印象派以降の前衛に関しては、何かしら感受するものがあり、素朴な心情として、私は異文化の中で圧し潰されそうな感覚を持ったこともありました。日本に帰ってから得た知識では、ドイツ・ロマン派の悲劇的ともとれる静寂な世界を、日本の評論で改めて知ったことと、シュルレアリスムの発現動機を知ったことでした。シュルレアリスムに関しては、再度正面切ってさらなる理解を深めたいという気分になっています。著者のあとがきにこんな文章がありました。「芸術作品は、絵画にしろ建築にしろ、一個の物体であるが、しかし生命なき無機質な物体ではなく、いわくいいがたい生の魅力を放っている。中世のロマネスク教会堂は、石材から成っているが、無表情なコンクリート塊の高層ビルなどとは違って、不可思議な雰囲気を漂わせて存在している。堂内に入れば、その感覚はいっそう強まる。そのように感覚される生は、中世の建築職人、宗教家、民衆の生でありながら、それら多くの中世の人々の生にすら限定されえない広さ、中世という時代をも超える勢いを持っている。一般に芸術作品は、その作者がどれほど強烈な個性の持ち主であっても、作者の生に収まりきらない息吹を発している。ゴッホが描いた絵、ガウディが制作した公園や建物は、作者を超えた広大な生、今なお勢いづいている生を発散させている。だからこそ、ゴッホやガウディと縁もゆかりもない我々現代の日本人の心をも深く捉えて、揺さぶってくるのである。」
    「ピカソの《ゲルニカ》」と「パウル・クレーと、現代への遺言」について
    「死と生の遊び」(酒井健著 魁星出版)の2つの単元をまとめます。ひとつは「死の国への哀歌」と題された単元で、ピカソの《ゲルニカ》のことが論じられています。ふたつ目は「死と生の呼応」と題された単元で、パウル・クレーと、現代への遺言について書かれていました。まず、ピカソの代表的な絵画「ゲルニカ」ですが、その制作動機の概案しか知らなかった私は、劇作家で詩人のフェデリコ・ガルシア・ロルカ(1898-1936)が絡んだ論考にちょっとした衝撃を受けました。「正義の観念は麻薬的な働きをする。多くの人間によって支持されるという思いが安らぎを与える。ロルカは、死んだ闘牛士など『死の国』の人々への哀歌を何作も書いたが、しかしそうすることによって自分を救おうだとか、善人という心の支えを手に入れようなどと思いもしなかった。彼の心にあったのは、自分自身『死の国』の中にいる、『死の国』を生きているという実感だった。ロルカがもしもあと数年生きていたならば、《ゲルニカ》を『死の国』への哀歌として公表したピカソに対し、どのような思いを持っただろうか。とりわけ、絶叫の光景に見入る雄牛の姿をどう思っただろうか。めざとくそこに欺瞞を見出したにちがいない。国外で正義の人として活躍する強かさの裏に、道徳上の不安を解消し英雄的な画家として生き延びてゆきたいとするピカソの弱さがあることを見てとったにちがいない。」第一次大戦に従軍したクレー。スイスへ逃避を余儀なくされた彼の環境を語っている箇所がありました。「晩年のクレーが受苦していた身辺の状況、およびそこでの彼の心理は、第一次大戦後の《沈潜》の頃と同じではない。置かれていた状況はずっと辛く厳しく深刻であり、にもかかわらず彼の心理は外界に向けて開かれていた。~略~こうした逆境に加えて1935年夏には進行性の病いの宣告を受けている。たいがいの人間は、死の近いことを告げられると、何に対してであれ意欲を失ってしまうものだが、クレーは逆に作品制作への情熱を高めた。36年から死の年の40年までに描かれた作品はおよそ2400点、全生涯の作品の約四分の一がこの時期に制作されている。~略~晩年にさかんに描かれた天使の素描画の一枚《いまだ醜く》が今しも彼岸に達しようとしているが、その到達は果たされずにいる。~略~クレーのこの静物画らしき絵は、反転させると、後景の円卓が前景右に来て、花瓶の二輪の花がそれぞれ一輪車で遊ぶ人となる。そして黄色の円卓が今や冥界の太陽に成り変わって光り輝き、手前の死の星たる月と呼応しあう。未完了、浮遊、反転、変容、死との呼応。これら近代が嫌って無視してきた生の在り方が、今や死の力の上で楽しげに演じられている。」
    三連休最終日 成人の日に思うこと
    三連休の最終日になりました。今日は成人の日です。横浜市では「二十歳の市民を祝うつどい」として設定していて、成人年齢が18歳になったとしても、20歳を迎えた人たちを横浜アリーナに集めています。横浜市は政令指定都市としては、東京都新宿区を除けば最大人口になり、20歳を迎える人たちも大変多いため一堂に会することが困難です。新型コロナウイルス感染症の予防も必要なために、横浜アリーナでの時間を4ブロックに分けて、それぞれ区を振り分けて会を実施していました。女性は振袖を着て髪を結い上げるため、どのくらいの準備時間が必要なのか、人によっては早朝から美容院に行った人もいたことでしょう。一生に一度の祝う機会なので、これも良しと思っています。18歳はまだ高校生なので成人としての自覚がない子もいるでしょう。20歳になり社会的な責任を持つと言われても、認識が足りない人もいると思います。私も恥ずかしながら30歳で社会人になるまでは、好き勝手に生きていたので、大人の認識が足りない人種でした。教職について初めて目の前にいる子どもたちに対し、教育をする責任と重要さを知ったのでした。因みに公務員は全体の奉仕者と謳われていますが、学校管理職になるまで全体の奉仕者とは何なのか、自覚していない自分がいて、これも恥ずかしい一面だなぁと思っています。話は変わりますが、成人の日で思い出すのは、いつ頃だったか、大雪に見舞われた年がありました。家内が横浜の中心地にある公会堂に出かけていて、その日の家内は和装でした。しかも和楽器を二丁持っていたので、私は歩いて最寄りの二俣川駅に迎えに行きました。車では無理だったために徒歩で行ったのでした。家内はあの時は助かったと言っていましたが、そうするより方法がなかったというのが本音です。雪深くなった坂道を和楽器をそれぞれ肩にかけて、滑りそうな道を恐る恐る歩いてきた記憶が今もあります。駅でいつ来るともわからないタクシーを待つ、成人式を終えた振袖姿の人たちが大勢いたことが印象的です。成人の日というとそんな思い出が頭を過ります。
    三連休中日 日常の風景
    三連休の中日です。日曜日の工房には後輩の木彫家がやってきます。彼が木彫を始めると日曜日の日常が戻ってきた感じがします。鑿を打つ音や電動工具の音が工房に響き渡り、私の陶彫制作と相まって、今日の工房は素材に立ち向かう雰囲気に包まれました。私も背中を押されて集中力が増し、陶彫制作に弾みがつきました。私の新作は陶彫による立方体を作っていて、しかも同じサイズのものばかり100個以上も作ろうとしているのです。そんな中で、同じ彫刻をやっている彼の存在は貴重です。彼は以前の私と同じ二束の草鞋生活なので、創作活動がやり易いように、私は仕事場確保の面で支援しているのです。今日は美大生もやってきました。彼女は大学に提出する論文を書いていました。先日購入したばかりのノートパソコンが早速役立っていて、絵画資料を探しながら文章を打ち込んでいました。日本美術の特質について論考するテーマらしく、彼女は俵屋宗達の扇について感想を書いていて、渋くて地味な作品選択に私は思わず声を発してしまいました。代表的な有名な作品ではなく、あえて陰に隠れた作品を選んだところに彼女の意図があったのかもしれません。工房の環境は度々NOTE(ブログ)に書いていますが、内壁がないため気温が外と変わりません。今日も寒い室内での作業になりましたが、後輩たちがいるとその寒さも紛れます。この日常の風景が好きだなぁとふと手を休めて感じていました。日常の風景は今日に限らず、さまざまなところに垣間見られて、習慣的に繰り返される場面に、ふと立ち止まることがあります。正月が終わり、街は通常に戻りつつあります。世界には戦時下にある国があり、そこでは悲劇が突発的に起こるのは分かっていながら、まだ不安要素が少ない日本に暮らしていることに幸せを感じることもあります。日常の何気ない風景は、そこで暮らす人たちがそう願っているから成り立つものであって、安易にやってくるものではないと考えるようになりました。話が若干飛躍しましたが、日常の風景が変わらないことを願うこの頃です。
    三連休初日 1週間の振り返り
    週末になりました。今日は成人の日を含む三連休の初日になります。教職にあった頃、三連休は創作活動に邁進できることがあって貴重な時間でしたが、今となっては三連休の有難味がありません。今日は2023年として初めて1週間を過ごしたので、その振り返りをしてみたいと思います。元旦であった日曜日は、地域の菩提寺への挨拶や東京赤坂の豊川稲荷に家内と行って祈祷をしてもらいました。いただいた木札は自宅に、紙の札は裏山にある小さな祠に納めてきました。月曜日から工房に行き始めました。火曜日も午前中は工房で作業をしていましたが、3年ぶりとなる従姉妹会が東京新宿のイタリアン・レストランであって、家内と出かけてきました。水曜日は工房に一日中籠っていました。木曜日は自宅のパソコンを新しく買い替える予定にしていて、朝から教え子2人を連れて家電量販店に出かけました。教え子のうち一人は新しくノートパソコンの購入を考えていて、この日は私のディスクトップのパソコンと美大生のノートパソコンを購入しました。ノートパソコンの方が高額なため、彼女は相当な出費だったようですが、春休みのアルバイトで補っていくのでしょう。彼女たちと話しているうちに、現在横浜のミニシアターで上映しているストップモーション・アニメによる映画「MAD GOD」を観に行こうという話になり、金曜日に行ってきました。金曜日の朝は、私は工房で作業を行い、昼には今年最初になるスポーツ施設での水泳をしてきました。久しぶりの水泳で気持ちが良い反面、明日以降筋肉痛が出るかもしれないと思いつつ、その日の夕方に彼女たちとの待ち合わせ場所に行き、映画館「シネマジャック&ベティ」に行ってきました。これには車を使いました。上映終了後、彼女たちを家の近くまで車で送り届けてきました。今日の土曜日、私は朝からいつも通り陶彫制作に励んでいましたが、このところ毎日顔を合わせている美大生もやってきていました。来週から大学が始まるので、彼女は溜まった課題を焦ってやっていたのでした。私は微妙に水泳の疲れが出ているような気がしていましたが、今日は夕方まで制作を頑張っていました。明日も継続です。