Yutaka Aihara.com相原裕ウェブギャラリー

note

  • Tag cloud

  • Archives

  • 「バウハウスへの道」のまとめ
    「バウハウス-歴史と理念」(利光功著 株マイブックサービス)の「第一章 バウハウスへの道」をまとめます。バウハウスが設立される動機には、当時の芸術界の様子や時代背景がありました。「芸術はたがいに分離し専門化し、確かに自律性と純粋性は手に入れた。しかしこれは別の観点からするならば、芸術がその背景をなす現実から遊離し、生活の地盤を失い、孤立化し卑小化することを意味する。ここに芸術家たちの間に力強い大芸術を求めて再び諸芸術を統合しようとする希求が間歇的に現われる理由がある。」ドイツではドイツ工作連盟が結成されました。「この連盟は『芸術・工業・手工芸の協調により、当該問題に対する教育宣伝および態度表明を通じて、工業製品の向上』を目的とし、芸術家・工業家・手工芸家・販売業者を結集して、ドイツの工業製品の品質を高め、もって他国との生産競争を有利に展開することを意図していた。」イギリスのウィリアム・モリスは手工技術に固執していましたが、ドイツは異なる方向に向かうのでした。「彼(ヴァン・デ・ヴェルデ)はモリスと違って現代が技術の時代であることを肯定した。すなわち技術家の所産や工業的大量生産品も、芸術家の所産と同様に美しいことを認め、汽車・蒸気船・機械などの『この以前に知られていなかった美の特有の性質』を研究したのである。」ヴァン・デ・ヴェルデはヴァイマルに招聘されると私的教育機関を設立し「工芸ゼミナール」を創設しました。さらに新進建築家グロピウスが登場してきます。「グロピウスをヴァイマルに結びつけ、それまで関係のなかった教育の仕事に携わらしめるそもそもの機縁となったのは、ヴァン・デ・ヴェルデがグロピウスに宛てた一通の書翰であった。」そこで学校設立に誘われたグロピウスは、芸術教育案を考案しています。「学生は手仕事を習得した者か、一定期間工場で製図工として働いた者でなければならない。学生は工房から親方に委託された仕事、例えばある製品のデザインを持って学校に来る。学校のアトリエでそのデッサンを教師の指導の下に考案し、親方の工房に戻るのである。教師は工房や工場に出向いて親方と密接に連絡をとりながら、そのデッサンの完成を追う。技術的修練はあるが、製図の基礎のない学生は、製図のクラスに入って芸術的デザインの基本概念を学ぶ。また学校では実例を用いて理論的・歴史的講義を行う。このようなデザインの過程を通して技術的・商業的・芸術的疑問点を除去し、有機的形成の修業をするのである。」こうしてグロピウスを校長に据えたバウハウスは設立されたのでした。「すでにみたようにバウハウスは形式的には全く新たに創設されたのではなく、旧美術大学と旧工芸学校の合併によって成立したに過ぎない。しかしその名称といい、プログラムに盛られた理念といい、新設の学校といってよいほど新たな出発であって、古いアカデミーとは大きく断絶していた。しかし実際問題としてアカデミーの教師と生徒を引き継がなければならなかったし、それに敗戦後の現実は厳しかった。グロピウスの苦難の道が始るのである。」
    週末 中規模作品の全体組立て
    週末になると月曜日から今日までの制作状況をNOTE(ブログ)に書いています。基本的には制作中心の生活を送っていましたが、水曜日に年賀状の宛名印刷を行ないました。いつもドイツ菓子シュトーレンを大量に購入している川崎市の菓子店マリアツェルに木曜日の夜に出かけていき、旧友のパティシエと夕食を共にしました。彼と喋っていると昔の海外生活のことが甦ってきて、彫刻家としての方向が定まらない頃のことが思い出されます。昨日のNOTE(ブログ)にルーマニア正教のクリスマスのことを書きましたが、ちょうど同じ時期にルーマニア人彫刻家ブランクーシに思いを馳せ、ブランクーシの影響もあって私の造形イメージは抽象に舵を切ったのでした。テーマについては、海外生活を引き揚げてくる時に旅したギリシャやトルコの遺跡に遭遇するまでは見つけられないままでした。そんな行程を辿った私の造形イメージでしたが、もう20年以上も前から遺跡からの出土品をテーマに架空都市空間を作り続けています。今日はその新作となる中規模作品の全体組み立てが出来るところまできました。陶彫部品数点が厚板材を加工した土台に乗る作品で、厚板材には刳り貫いた部分と浮き彫りの彫刻をした部分が混在しています。漸く全体が見渡せるようになり、形態としては微調整に入りますが、木材には砂マチエールの貼り付けと油絵の具の塗装が控えています。完成にはまだほど遠い状況なのですが、立体作品としてはまずまずの出来上がりかなぁと思っています。砂マチエールと油絵の具の作業はもう暫く放っておいて、次に大規模作品の土台に着手しなければならず、これには今まで以上に手間暇を要します。休庁期間の中で大規模作品の大まかな段取りを考えていこうと思っています。
    週末 クリスマス雑感
    週末になりました。今日はクリスマスです。クリスマスはキリスト降誕祭のことで、キリスト教が世界的に普及しているため、どこの国でもキリスト教を宗教的や文化的に祝うものです。クリスマスでは国によってさまざまな行事がありますが、起源となるのはイエス・キリストがメシアの予言によってベツレヘムで生まれたとする聖書の記述を根拠としています。ただしイエスの実際の誕生月日は不明です。12月25日を降誕祭とするのはローマ時代に遡るようです。クリスマスに樅の木に飾りつけをしたり、サンタクロースが現れたりするのは、その後の文化の変遷によって現在の形になったものです。街のイルミネーションを楽しんだり、贈り物をするのは今風の商業主義によるものかもしれませんが、キリストの降誕を全世界の人々が祝うことは素晴らしいことだと私も思います。20代の頃に私が暮らしたウィーンでは、市庁舎の広場にクリスマス・グッズを扱う屋台が軒を連ねていて、熱したワインを飲んだ記憶があります。大聖堂ではクリスマスの礼拝が荘厳に始まっていました。ゴシック建築に響き渡る音楽に圧倒されたのも記憶に残っています。それより忘れられないのは、ウィーンから遥々出かけたルーマニアのマラムレシュ県にある小さな村で過ごしたクリスマスで、木造の教会に集まる民族衣裳を着込んだ人々による礼拝には、魂を揺さぶられました。その契機は紀行作家みやこうせいさんが毎年訪れて取材していたのに同行させていただいたもので、突如目の前で起こったルーマニア正教による礼拝は、私にとって宗教とは何かを問いかけるものになりました。村人たちによる真摯な祈りの姿が美しくて、不覚にも涙が出そうになりました。宗教はともかく、人間が生きていく上で何かを信仰することは不可欠なことかもしれないと感じた瞬間でした。少し前まで聖像画家山下りんの生涯を描いた小説を読んでいたので、今もルーマニアでの感動が甦ります。だからといってキリスト教信者になるつもりはありませんが、特定の宗教はなくても信仰を持つことは許されるのではないかと思っています。クリスマスの日にそんな思いが頭を巡りました。
    「バウハウス-歴史と理念」を読み始める
    「バウハウス-歴史と理念」(利光功著 株マイブックサービス)を今日から読み始めます。バウハウスは建築の家と言う意味のドイツ語で、1919年に創立された風変わりな美術学校です。建築家ヴァルター・グロピウスの宣言によってバウハウスはスタートしました。「あらゆる造形活動の最終目標は建築である。~略~建築家、彫刻家、画家、我々はみな手工芸に帰らなくてはならぬ!というのは『天職の芸術』は存在しないからである。芸術家と手工芸家との間に本質的区別はない。芸術家は高揚せる手工芸家である。天の恩寵が、作者の意思の届かぬまれな輝ける瞬間に、無意識に手わざから芸術を開花せしめるが、しかし手工の熟達という基本はあらゆる芸術家にとり不可欠である。そこに創造的形成の根源があるのだ。」宣言に次いでヴァイマル国立バウハウスのプログラムが示されていましたが、従来の美術学校とは異なる方策があり、記念碑的芸術と装飾芸術とを区別しないものでした。芸術自体は教えられない要素もありますが、手工芸は違うと述べられています。「それゆえあらゆる造形的創造の不可欠の基本として、研修者にはみな工房や試験場や作業場での基本的手工訓練が要求される。~略~バウハウスには教師と学生ではなく、親方と職人と徒弟がいるのである。」バウハウスは具体的な技能訓練をカリキュラムに入れていて、それが全て建築として統合される理念があったようです。こうしたことを私は10代の終わりに美大受験の予備校で教えられました。現代でもその理念を貫いているドイツの学校があるとも聞きました。私は大学生になってからバウハウスに関する資料も集め出していました。ウィーンに滞在していた時も「Das Bauhaus Hans M.Wingler著」という分厚い書籍を手に入れたのですが、今となっては原語で読むことは叶わず、自宅の書棚で埃を被っています。折に触れて、断片的ながらバウハウスで教授したクレーやカンディンスキーの造形論も私は読みました。ここでまとまった書籍を通してバウハウスの歴史と理念をもう一度頭に入れておきたいと考えました。本書は新装版をさらにバウハウス創立百年を記念して改訂復刊したもので、昭和45年に初めて出版されています。かなり硬質な内容かもしれませんが、じっくりと読んでいこうと思います。
    「復活祭」のまとめ
    「白光」(朝井まかて著 文藝春秋)の「終章 復活祭」をまとめます。聖像画家山下りんの生涯を描いた小説は、りんの隠居生活で最後を迎えます。とつおいつ読んできた本書は、りんの郷里での平穏な生活を淡々と描いています。「大正七年、りんは六十二歳で生まれ故郷の笠間に帰った。今は七十四であるので、郷里での暮らしも十数年になる。しばらくは駅前の家で間借りをしたり、田町の長屋などに住んだ。やがて弟の峯次郎が五騎町の家の敷地内、南手に隠居家を建ててくれたので移り住んだ。五騎町は生まれ育った武家町で、今もその風情がそこかしこに残る。」そんな折に関東大震災がありました。「七年前、大正十二年の九月一日、大震災によって駿河台の大聖堂は瓦礫の山と化した。鐘楼が倒壊して天蓋も破壊されたという。ニコライ大主教が『二百年経っても堅牢なものを』と願って建てた大聖堂は、わずか三十二年で無に帰した。火災によって聖堂内の聖障のみならず聖像画群もすべて焼けた。」日本を襲った悲劇だけでなく、その頃ロシアにも正教受難の時代がやってきたのでした。神父がロシアの情報を持ってりんの許を訪ねてきました。「『市中の大聖堂と修道院はことごとく破壊されていましたから、女子修道院が最後の砦であったのかもしれません。ですが1932年二月、日本の昭和七年です。修道女は全員逮捕され、強制収容所に送られました。病気の者はまとめられて一室に閉じ込められ、次々と天に召されていったそうです。五月、レニングラード州執行委員会幹部会は女子修道院の大聖堂を閉鎖、百貨店に改造することを決めました。深夜に大聖堂の破壊が始まったようです。丸屋根の金張りが剥がされ、鐘楼も爆破されました。聖像画、とくにルネサンスの伊太利画は金満家の物として排斥され、相当数が焼き捨てられたようです。~略~革命前、1914年のロシア帝国には修道士、修道女、見習いも含めれば九万四千人ほどもいたと聞きますから、修道女らがどれほど逮捕され、強制収容所に送られたかは不明です。が、おそらく途方もない人数に上るでしょう。とくに革命が起きてのち、修道女は常に抑圧の対象となりました。ただ、監獄と強制収容所での修道女らは非常に忍耐強く、かつ強靭であったと聞きました。道徳的にも肉体的にも』」りんが過ごしたロシアでの日々、そして迫害される現実に、りんはどんな思いを描いていたでしょうか。笠間での平穏な生活の中で、自らの過去を振り返り、こんな祈りにも似た言葉で本書は終わっています。「『主、憐れめよ。主よ、我を憐れめよ。父よ母よ、兄弟よ、師よ。わたしのこの手が描いた聖像の数々よ。署名のない画たちよ』大聖堂に懸架された聖像画は焼失してしまったけれど、日本の各地の教会で、そして信徒の家の隅でまだ掲げられているはずだ。りんの描いたハリストスや生神女、使途らは祈りを受けとめ、時に語り合い、蝋燭の灯でまた別の表情を見せるだろう。悲しみや迷いや嘆き、呻き、そして歓び。数多の祈りを受けとめ、聖なる仲立ちを果たしているのだとしたら、わたしは満たされる。」日本人初の女流聖像画家は、時代に翻弄されながら精一杯生きたと私は感じました。「死なば死ね。生きなば生きよ。」腰の座った命懸けの人生だったと思いました。