Yutaka Aihara.com相原裕ウェブギャラリー

note

  • Tag cloud

  • Archives

  • 「中空の彫刻」読後感
    「中空の彫刻」(廣田治子著 三元社)を読み終えました。私にとっては大変面白く、また初めて知ることも多い内容が盛り込まれていた書籍で、興味関心の坩堝といっても過言ではありませんでした。ゴーギャンは後期印象派から象徴主義に至った画家として近代美術史に名を残しています。私の理解はそこまでで自分の知識の乏しさを恥じましたが、私が現在夢中で取り組んでいる陶彫は、ゴーギャンがその先駆けとして当時の時代背景もあって実験的に陶彫制作を行っていたことが私には衝撃的でした。ゴーギャンに関しては彼の著作「ノア・ノア」や「オヴィリ」を私は読んでいます。とりわけ私は「オヴィリ」(岡谷公二訳 みすず書房)を熱心に読んだ記憶があります。また映画「ゴーギャン タヒチ 楽園の旅」も見ました。学生時代、私は木版画に取り組んでいた頃にゴーギャンの木版画を知り、プリミティヴな魅力に惹かれ、ドイツ表現派の先駆者という位置づけをしていましたが、本書によって彫刻の分野でもその革新性が謳われていて、”オブジェ=彫刻”へ向かう20世紀の立体造形の扉を開いたことが書かれていて、ピカソを初めとする次世代への影響があったことに驚きを隠せませんでした。著者のあとがきにこんな文章がありました。「私は、ゴーギャンの畢生の大作《オヴィリ》をロマン主義の作品に関連付け、その一方でアフリカやオセアニアの神像との共通性も見いだし、さらにこれを20世紀彫刻の先駆けとするのである。このように、この驚くべき大胆な作品が伝統の中から生み出され、時代を大きく先取りする革新性を秘めているということ、これは全篇を通じたテーマであった。また、ゴーギャンの特異な作品群が、実は同時代の芸術家たちと問題意識を共有していたということは驚くべきことのようではあるが、私はアカデミックな彫刻家オーベからアヴィランドのアトリエの陶芸家たち、カリエスからロダンまで、さまざまな芸術家および作品との関わりの中から、ゴーギャンの同時代性をあぶりだそうとした。」本書は博士論文としてパリ第一大学に受理されたものに大幅に加筆されたもので、私にとっては気骨のある論考で常に自分の感性に刺激を与え続けてくれた貴重な書籍だったと言えます。と同時に自分が作っている陶彫という世界に一石を投じてくれた重要なものでもありました。
    「結語」について
    「中空の彫刻」(廣田治子著 三元社)の「第二部 ゴーギャンの立体作品」の中の「結語」の「1 木彫と陶器」「2 親密な環境における彫刻」「3 ゴーギャンからピカソへ」の三単元を合わせたまとめを行います。これで「中空の彫刻」の内容は全て完結したことになります。まず「1 木彫と陶器」の中からこんな文章を引用いたします。「大理石彫刻に始まった彫刻制作において、ゴーギャンは主として木彫と陶器を交互に扱いながら、これらの民衆的で実用的な素材によって驚くべき創造物を生み出した。~略~絵画支配のパラダイムを打破して新しいモダンな彫刻への道を切り開くことが可能となったのである。」ゴーギャンにとって彫刻は絵画制作の補助的な存在ではなく、同じ比重を持って取り組んだことが示されています。次に「2 親密な環境における彫刻」から次の文章を引用いたします。「焼き物による彫刻の実践が、中空を取り巻く表面の上での表現へ、人物の断片的アプローチへ、そしてこれらの断片の装飾的構成へとゴーギャンを導いたのは必然であった。モティーフは外面に配されるので、観者は作品の周囲を回り、作品の意味づけそのものに参加することを促される。親密な環境における観者とのこうした新しい関係においては、20世紀の近代彫刻への道の一つである”オブジェ=彫刻”の出現が指摘されうるであろう。」ここで本書はブランクーシを登場させています。ブランクーシは1点の作品とともに幾つかの作品を並べたアトリエ内部の写真を撮り、観者と親密な関係を築くためにその環境を提示したようです。最後に「3 ゴーギャンからピカソへ」ではこんな文章がありました。「『あらゆることを敢行する権利』にしたがって生み出されたゴーギャンの大胆な立体作品は、青年ピカソに大きな衝撃と勇気を与えたことであろう。その後キュビスムの文脈において、内部空間を見せる開かれたフォルムを実現するとき、ゴーギャンの『中空の彫刻』はその概念において、すでにピカソに先行していたと言えるのである。さまざまな芸術分野の垣根を取り払い(多分野性)、素材の枠を広げ(多素材性)、多様な芸術を創造したゴーギャンは、確かに稀有な革新の芸術家であった。彼はまた、19世紀末まで絵画支配のパラダイムのもと、下位におかれていた彫刻が20世紀に隆盛を誇ることになるのに貢献した主要な芸術家ではなかったか。そのために、彼の『中空の彫刻』は画期的な表現を生み出したことを私たちは見てきたのである。」
    週末 創作へのモチベーション
    昨日までは梱包用木箱作りと陶彫部品の梱包に励んでいましたが、今日は来年に向けた新作の陶彫制作を行うことにしました。今月の個展が迫っているので、その準備として梱包をやっていたのですが、そればかりやっていると創作へのモチベーションが下がってしまうので、時折新作へのアプローチを入れているのです。加えていつものように美大受験生が工房に顔を出したので、作業台を一つ彼女に与える必要があり、梱包作業は一時停止しなければならない状況もありました。私は7点目になる新作の陶彫成形に彫り込み加飾を施していました。新作を作っていると自分の気持ちが高揚します。単純作業である梱包は気楽な作業ですが、やはり精神的に困難さを抱えていたとしても、創作的な仕事は楽しいと感じています。陶土の乾燥具合を確かめて、鉄ベラで丹念に彫り込んでいく作業は、極めて工芸的な制作ですが、それによって立体に個性と方向性が生まれるのです。作品が古代出土品のようだと批評家に評される所以がここにあります。新作も架空都市を想起させる要素はあって、そこを造形している自分は時間を忘れるほど大いに楽しんでいるのです。今日は夕方になって雷が鳴り、雨が降ってきましたが、都心のようなゲリラ豪雨とはならず、あっという間に雨雲は過ぎていきました。雨が降るまでは気温が上昇していて、工房内は大変な暑さに見舞われていました。大型扇風機を出して回しましたが、エアコンのない工房では、暑さを耐え凌ぐしか方法がありません。工房には小さな冷蔵庫もあって、そこで飲み物を冷やしていますが、時折美大受験生に声をかけて水分補給を促しました。梅雨が明けたわけではないのに、この暑さはどうなっているのでしょうか。今日もシャツが汗でびっしょりになりました。
    週末 木箱に収納開始
    週末になりました。週末になると今週の創作活動のことを書いていて、個展に向けた進捗状況を述べさせていただいています。陶彫部品を梱包する木箱が15個完成し、今週からその木箱に陶彫部品を2・3点ずつ収納しています。以前の木箱はベニア板だけの簡易なものでしたが、耐久性を考えて垂木を補強材として用いることにしています。この作り方は業者に教わったもので手間はかかりますが、運搬や保管を考えると良いのではないかと思いました。今日は15個の木箱全部に陶彫部品を入れましたが、木箱が足りないことが分かりました。正確にはあと4個必要です。木材は既に購入してあるので、来週初めに追加の木箱を作って梱包は全て終える予定です。陶彫部品を包むエアキャップも充分あると思っています。いよいよ今年の個展準備も先が見えてきました。今日は運搬業者が搬入の荷を見に工房に来ました。毎年のことで業者も搬入を手伝ってくれるスタッフも旧知の仲です。もう過去15年間もメンバーを変えずに搬入・搬出をやっていることに、ちょっとした驚きがあります。お互い歳を取るわけだなぁと業者と話しました。今回は16回目、毎回新鮮な気持ちで頑張っていきたいと思っています。今日は久しぶりに太陽が顔を出し、工房内の気温が上昇しました。梱包に励んでいた私は、多少疲労を感じて、早めに工房を引き上げました。余裕が生まれたことで、気持ちが緩んだのかもしれません。シャツが汗でびっしょりになり、午前と午後でシャツを替えました。ここ数日は汗まみれになっているのです。20年も前にはシャツを一日で6枚も替えた記憶があり、汗っかきな私は水分補強を欠かせません。汗をかく分、熱中症になることは避けられていますが、疲労はかなり溜まってきていて、若い頃のように精神性だけで保つのは危険だろうと思っています。明日は美大受験生がやってくるので、作業台の木材を片付けて工房を後にしました。
    21’図録の完成
    5月30日に個展用の図録を作るための撮影を行い、今日新しい図録1000部が自宅に届きました。図録は16冊目になりますが、毎回同じサイズ、頁数で作っています。図録は前頁カラー版で正方形の冊子になります。個展会場では無料で配布しています。図録は私とカメラマンの協働による作品で、私が作っている彫刻をあらゆる視点で撮影して、その空気感をうまく取り込んでいると自負しています。とりわけ今回の図録は作品全体を撮影したものにカメラマンの力量を感じる出来栄えになりました。何より亡父の残してくれた植木畑の樹木が、作品の背景を飾り、それら環境を取り囲んだ画像が大変良いと思っています。天候の状況もあったと思いますが、光と影が織りなす美しさがよく出ています。立体作品の良さは存在を示す光と影にあると私は思っていますが、私にそう思わせてくれたのはカメラマンの力です。私自身は日頃からカメラマンの視野を気にしているわけではなく、彫刻は塊(マッス)として捉えて作品を作っています。ひと昔前の体質しか持ち合わせない私は、何かにつけて写真を撮る若い世代と異なり、デジタル画像に疎く、インスタ映えというコトバさえ私には定着していないのです。それでもカメラマンの撮影した私の作品に対し、画像が映える要素はよく承知しています。図録の最後にこのNOTE(ブログ)のコトバを毎年掲載しています。今回は校長職を退職して二足の草鞋生活にピリオドを打ったこと、自由人になった自分は一日のルーティンを決めて創作活動を始めたこと、また新作の題名に纏わることを載せました。現在読んでいるゴーギャンの彫刻に関する書籍で、陶彫の原形が登場していたので、新作の題名に纏わるところで引用をさせていただきました。