Yutaka Aihara.com相原裕ウェブギャラリー

note

  • Tag cloud

  • Archives

  • 「高村光太郎と近代彫刻」のまとめ③
    「美学事始」(神林恒道著 勁草書房)の「第二部 芸術論の展開」の「2 高村光太郎と近代彫刻」を3つの要点にまとめて記述しています。今日はその最終編です。「ロダンが大正六年に没すると、さっそく『白樺』は翌年1月にロダン追悼号を出す。~略~ロダンに対する無条件な熱狂と賛美が一段落すると見てもよいのではないか。その段階で、ヒルデブラントの彫刻観がロダンのそれと対極的な構造を持つものとして、光太郎の彫刻論に再浮上してくるのである。~略~今や光太郎は、かつて『観るべきもの』であったロダンの作品を公然と批判するようになる。ロダンは『美の一片は美の全体である』と語った。『ロダンの天与の指頭が触れるところ、一塊の粘土、一片の石、皆たちどころに生命を持った。彼は此所に彫刻の奥義を認めた。指一本、ばらばらな肢体といへども既に全彫刻である』。だが芸術について、『全量ハ其ノ総テノ部分ノ和ニ等シ』という幾何学の公理には通用しない。ロダンはしばしばコンポジションの能力に欠けていると評された。光太郎によれば、それは能力の過剰によるものだという。」ここでロダンの触覚的な彫刻よりも、ドイツ人彫刻家ヒルデブラントの視覚的統一体に論点が移り、改めて彫刻の何たるかを問い直しているのです。「彫刻家の課題は、実在する形としての『存在形式』を、視覚的仮象としての『作用形式』へと転化することであり、そこに現われる空間や形の作用現実性の処理に彫刻の芸術としての一切がかかっているのである。~略~『極めて遠距離から観察すれば、ロダンによる生命主義とヒルデブラントによる形式主義とを二源流とする二つの流れのもつれ合ひと見ることが出来るのである』と、光太郎は述べている。すなわち『ロダンの影響を必ずしも反発せず、唯おもむろに各人の天性を変革する事に努力しつつある者と、彫刻の純粋性を形式の問題に蒸留させて、全く意識を異にした領域に彫刻を変革しつつある者』とである。後者の『ヒルデブラント風の理知主義に脈を引いてゐる形式主義の一団』として挙げられているのが、ブランクーシ、アルキペンコ、リプリッツらの立体派や抽象派である。さらにフォーヴの運動から起こった原始趣味、これが形式主義と結合してその影響は、ザッキン、オルロフ、あるいはバルラッハにまで及んでいると述べている。」光太郎の先駆的な眼差しには驚嘆すべきものがあると著者は付け加えていますが、私も同感です。
    週末 最新作の窯入れ開始
    今日は7月個展で発表する新作の梱包作業を中断して、来年に向けた最新作の陶彫制作を行ないました。幾つかの陶彫成形が終わって乾燥している作品に、仕上げを施して化粧掛けを行ないました。陶彫作品において、最後の制作工程に焼成があるのは、宿命として人の手が及ばない領域が存在していると私は感じています。窯内に棲んでいる炎神に作品を預けることで、自分の意思ではどうにもならない在るがままの姿に作品は変貌して戻ってきます。それはやきものの面白さでもあり、歪みを受け入れざるをえない自分の心の在り様も映し出してしまいます。先日見に行った「清水九兵衛/六兵衛」展にも焼成に関する作家の思い入れが色濃くでていましたが、自分の思い通りに形態を作り上げたいなら金属が最適です。一番言うことをきかない素材がやきものなので、そこは割り切っていくしかないと私も考えています。窯入れは例年なら11月ごろの秋から初冬にかけて行なっていましたが、今年は二足の草鞋生活から創作活動一本になったおかげで、この時期から始めることになりました。最新作は陶彫のみ展示する予定で、今年の作品のような木材は使いません。その分、窯入れする機会が多くなるだろうと思っています。窯入れをすると翌日の工房は電気の関係で使えなくなることがあります。明日以降はのんびりした生活にしていこうと思っているところです。
    週末 木箱作りは順調
    週末になりました。今週もいつも通り毎日工房に通っていました。今週は地元の中学校の学校運営協議会に参加したり、展覧会を見に千葉県まで出かけていきました。工房では新作の梱包作業として陶彫部品を収める木箱を作り始めていて、今日で10箱が出来ました。陶彫部品を眺めていると少し足りない気がします。あとどのくらい必要なのかは実際に収納しながら補充していこうと思います。木箱作りは合板材や垂木が必要ですが、それも建材店に行って、ある程度調達をしてきています。多めに作ると保管に場所をとるので、様子を見ながら木箱を作ろうと思っています。木箱作りは今のところ順調です。同時に梱包作業だけでは意欲が低下するので、来年発表する作品にも関わることにしました。来年発表する予定の作品は、既に作り始めていて、暫く休んでいたところを再開した按配です。今日の作業を考えると、やはり例年より早く進んでいるように思います。二足の草鞋生活からの解き放たれて、創作活動一本になったことが良かったと思えた瞬間でした。加えて創作活動は延々と続くもので、その道が何にも邪魔されることなく、しっかり見据えていられるのが嬉しいと感じています。私は窯業とは関係のない家に生まれたにも関わらず、自らの趣味趣向に沿ってやきものを選びました。見様見真似で陶土を練り、窯を焚いてきました。まったくの自己流ですが、これは陶芸ではなく陶彫だと主張して、自分の世界観を培ってきました。大地と見立てている空間に点在する彫刻を、私は勝手に集合彫刻と呼んできましたが、亡父が生業としていた造園業を手伝っていた時に身につけた空間解釈だけが頼りでした。彫刻に内包するポエジーは、自分が高校時代から憧れた詩に裏打ちされているのかもしれません。とにかく木箱に詰め込む陶彫部品は、自分の分身であることは確かです。
    千葉の「清水九兵衛/六兵衛」展
    昨日、千葉市美術館で開催している「清水九兵衛/六兵衛」展に行ってきました。京都の伝統的な陶芸家であり、現代彫刻の代表格でもあった清水九兵衛/六兵衛は特殊な環境で創作活動を続けてこられた人でした。図録には陶芸家第七代清水六兵衛としての側面と、彫刻家清水九兵衛としての側面で、それぞれその道の方々がインタビューを受けていたのが掲載されていました。「清水さんの場合は、私より工房経営のウエイトが絶対に大きかったと思う。全然違うから、うちと六兵衛家とでは。それに清水焼だったら清水六兵衛家という、名前の方での世間の受け取り方もね。私は六兵衛家の歴史や立場について勉強したわけでもなかったし、六代さんもうちに一回来ただけで考え方や人柄もよく知らなかった。だから、清水さんが名古屋で生まれて東京で勉強して六兵衛家の養子になって京都に来てやきものを初めて制作すること、六代さんが全盛の時代に(七代目は)土をやめて彫刻にかわったということ、それこそ六兵衛家という家にいて、彫刻とやきものを両方ともすることってできるのかなと思ったけど、清水さんは両方の素材で制作を続けた。」(三代宮永東山談)続いて彫刻についてのインタビューです。「彫刻は重力に抗する垂直性がひとつの重要な柱ですが、清水さんは水平性の彫刻のおもしろさに気づいた。彼の作品に見られる水平への展開は、空間性を獲得しようと思った時に、工芸ではあり得ないような面としての広がりに彫刻ならではの可能性を感じたのではないかと思う。~略~若林奮さんの場合、《北方金属》(1966)や《2.5mの犬》(1968)とか、文学的な傑作がいくつもあります。文学性は悪くすると作品をヤワにしてしまうものですが、若林さんの場合はものすごいポエジーを抱えている人で、あそこまで行くと彫刻にしか出来ない強度のある表現が過激に出てくる。若林さんの作品が持っている文学性や情緒性、ポエジーと清水さんのポエジーは対極的です。清水さんのやきものとアルミニウムによる作品は、肯定的に見れば、組み合わせの妙が出ている。アルミニウムだけの作品には見られない雰囲気とか、焼成のなかで生まれる排除できない偶然性が持つニュアンスが表出される。それを金属と組み合わせた時の独特な感じといってもいいでしょう。」(建畠哲談)図録からの長い引用になって恐縮ですが、清水九兵衛/六兵衛ワールドを理解するには、陶芸と彫刻双方の考え方が必要と感じたので、インタビュー記事を書かせていただきました。陶土とアルミニウム、どちらかと言えば、作家はアルミニウムの方に自由な発想の発露があったのかなぁと、展覧会場を歩きながら私には感じられました。
    作業・来客そして美術館へ…
    今日はなかなか充実した一日でした。朝いつも通り工房に行って、梱包用の木箱作りをしていたら、私のスマホに連絡が入り、先日の学校運営協議会へ誘ってくれた校長が相原工房に来るというのです。工房は中学校の近くにあるので全然構わないよと返事をしました。校長は先日の学校運営協議会で話せなかった学校が抱える諸問題をいろいろ話してくれて、私と情報を共有することになりました。それは私がアドバイスを与えるのではなく、一緒に考えていくスタンスを取ることにしました。校長の学校運営に協力するのが私たち委員の役目なので、可能な限り力になろうと思っています。ただし、話をしていくうちに私も自らの学校運営を振り返ることになり、校長職という立場を再度思い出してしまいました。私は後腐れなく学校を退職した気になっていましたが、現職でいるうちは結構苦しかったこともあり、自分の忘れていた感覚を呼び覚ましてしまいました。私は何でもなかったかのように学校を去ったのでしたが、やり残したことがいっぱいありました。今は記憶に蓋をして好きな創作活動をしているに過ぎません。そんな気持ちのまま、私は午後の作業が出来ずにいて、いっそそれなら美術館へ行こうと決めました。私の突然の申し出に家内も協力してくれて、車で千葉市美術館に行ってきました。そこで開催中の「清水九兵衛/六兵衛」展は必ず行こうと決めていたので、ちょうど都合が良かったのでした。清水焼の第七代清水六兵衛と野外彫刻で活躍していた清水九兵衛は同一人物で、創作活動において二足の草鞋生活を送っていた独自の人でした。生前から私には憧れのような存在で、彫刻と建築の相性について暫し考えさせられるところがありました。今日は生誕100年を記念した初期から晩年に至る清水九兵衛/六兵衛ワールドを堪能できて、充実した時間が過ごせました。家内も楽しかったようで、巨大なアルミニウムによる立体作品の図面を見て興味を示していました。家内はデザイン科出身なので、私とは視点が違うところに関心がいきます。詳しい感想は後日まとめていきます。