Yutaka Aihara.com相原裕ウェブギャラリー

archive

note > 日常生活
2022.06.14

私が教職に就いていた頃は、自分の住んでいる地元のことに無頓着でした。勤務先の学校のある地域の行事や会議に頻繁に出かけて、地域と学校の連携に努めていました。昨年の退職を機会に自分の地元に目を向けようと考…[続きを読む]

2022.05.26

先日、今夏発表する新作の写真撮影が終わり、今はその補填作業に入っています。撮影で写らない裏面にはまだ塗装がなく、それを全て終わらせないと個展には持っていけません。そこは個展でも鑑賞者の目につかない箇所…[続きを読む]

2022.05.11

今日は内容の濃い一日でした。午前中は家内に手伝ってもらい、新作の砂マチエール施工が全て完了しました。家内や工房に出入りしている美大生に助っ人をお願いして、漸く一歩先に進めた感じがいたします。今回の砂マ…[続きを読む]

2022.03.31

3月の最終日となりました。現在は桜が満開で、雑木林の中では所々生えている桜の木が目立ち、この時ばかりは桜が己を主張しているように感じます。昨年の今頃、私は管理職退職辞令交付式に参加していて、長年続いて…[続きを読む]

2022.03.27

母が亡くなって2年経ち、父が亡くなって16年が経ちました。今日は菩提寺である浄性院で母の三回忌・父の十七回忌法要を行いました。妹夫妻や甥や姪が家族を連れて集まりましたが、昨晩雨を降らせていた天気が朝に…[続きを読む]

2022.03.20

週末はその週を振り返るのが定番になっています。制作状況のことをほとんどNOTE(ブログ)に書いていないので、まとめて週末に書いているのです。この1週間は2日間だけ工房に行かない日がありました。水曜日は…[続きを読む]

2022.03.18

私の生まれ育った実家は、相原の分家であるにも関わらず、先代たちの努力で広い土地を有する旧家として存在していました。裏山には先祖が据えた稲荷の祠があり、実家は昭和の頃まで「池の谷戸」と呼ばれていたのでし…[続きを読む]

2022.03.11

3年前のNOTE(ブログ)から引用いたします。「今日は3.11です。8年前に未曾有な被害を齎せた東日本大震災。横浜でも大きな揺れがあって、物資の運搬経路が一時ダウンし、自然災害の影響力を感じ取った日々…[続きを読む]

2022.03.07

今日は私の主治医のいる歯科医院に出かけました。思えば昨年も3月に歯科治療に行っています。私は歯の磨き方が悪いのか、定期的に歯のメンテナンスが必要で、今日は歯の治療というより歯についた汚れを落とす作業を…[続きを読む]

2022.03.05

3月に入って最初の週末を迎えました。今日は気温が上昇し春一番が吹きました。工房周辺は終日風の音がしていました。昨日は新型コロナウイルス感染症の3回目の接種日で、家内と私は東京の大手町まで出かけました。…[続きを読む]

2022.03.04

新型コロナウイルス感染症の3回目の接種券が届いたので、1・2回目と同じ自衛隊東京大規模接種センターに予約を入れ、今日ワクチンの接種に行ってきました。前回は家内と別々の日程にして出かけたのですが、副反応…[続きを読む]

2022.02.27

週末にはいつも制作のことに触れたNOTE(ブログ)を書いていますが、今日の話題は新聞記事より選びました。昨日の朝日新聞夕刊に掲載されていた詩人谷川俊太郎氏のインタビュー記事に目が留まってしまい、自らの…[続きを読む]

2022.02.26

週末になりました。今日は今週を振り返って新作の制作状況を書いていきます。今週は今夏、東京銀座のギャラリーせいほうで発表する新作の土台作りを継続していました。新作は床に置かれる厚板材を加工して、大地から…[続きを読む]

2022.02.07

私が生まれ育った実家は、近所では大きい農家で通っていましたが、相原の本家ではなく分家です。私から五代前まで遡ると、先祖は小作人であったようで、本家から土地を借りて田畑をやっていました。先祖は一所懸命働…[続きを読む]

2022.02.01

2月になりました。相変わらず寒い日々が続いています。新型コロナウイルス感染症のオミクロン株が猛威をふるっていることがあり、ワクチンの3回目接種が始まっています。私にはまだ接種券が届きませんが、接種券が…[続きを読む]

2022.01.14

正月早々に行っていた初詣を今日になって行くことにしました。これは新型コロナウイルス感染症の影響ですが、昨年は母が他界して喪中だったこともあって初詣には行っていません。自宅と母の実家の途中に小さな稲荷の…[続きを読む]

2022.01.10

今日は成人の日です。20歳で迎える成人は今年が最後で、選挙権年齢が18歳に引き下げられたことや、国際的に18歳成人が主流であることなどから、今年4月より「成年」の定義が見直されることとなりました。今後…[続きを読む]

2022.01.01

明けましておめでとうございます。一昨年母が他界して昨年は喪に服していました。今年は喪が明けたので、改めて新年の挨拶が出来るようになりました。ただし、例年元旦に私は東京赤坂にある豊川稲荷に初詣に行ってい…[続きを読む]

2021.12.31

2021年の大晦日を迎えました。今年も昨年に続いて新型コロナウイルス感染症に翻弄された1年になりました。その中で東京オリンピック・パラリンピックが夏に開催されて、スポーツ特有の筋書きのないドラマに感動…[続きを読む]

2021.12.29

30歳で海外から帰国して、私は横浜市の教職公務員になりました。社会人としては遅い出発でしたが、彫刻家としては生活が成り立たないので、教職に頼ったのでした。忽然と飛び込んだ教職の世界は思いのほか楽しくて…[続きを読む]

2021.12.22

一昨年、母が亡くなったため、昨年は喪中でした。例年年賀状を用意していた私は、昨年暮れに喪中葉書を出して、正月は何もせずに過ごしました。ちょうど新型コロナウイルス感染症が猛威を振るっていた時期だったので…[続きを読む]

2021.12.16

今月の14日から2月14日までが、私の運転免許証更新の期間になっています。運転免許証更新に関して私には苦い思い出があります。教壇に立っていた頃、忙しさにかまけて運転免許証期限切れになっているのに気づか…[続きを読む]

2021.12.01

今日から12月が始まりました。教職にいた頃は12月と言えば多忙を極めていて、文字通り師が走る1ヶ月でした。中学校では進路に関する面談やら資料作成が始まっていて、校長となっても生徒の進路には気を使ってい…[続きを読む]

2021.11.13

週末になりました。今朝は大ゴミ処理業者がやってきました。先日、実家の遺物整理と自宅の断捨離を行なっていて、実家の解体工事に入る前に大ゴミを回収してもらう手はずになっていました。今日がその日で、まず私た…[続きを読む]

2021.11.08

RECORDは一日1点ずつポストカード大の平面作品を作る総称で、文字通り毎日のRECORD(記録)なのです。毎月テーマを決めて制作していて、今月のテーマを「断絶を繋ぐ」にしました。断絶とは受け継がれて…[続きを読む]

2021.11.03

今日は文化の日です。教職に就いていた頃は、創作活動に勤しめる大切な一日でしたが、退職した後は平日と休日の差がなくなって創作活動が常時可能な状態になりました。私にとっては幸せな日々が続いていますが、今日…[続きを読む]

2021.10.31

週末ですが、10月の最終日のために1ヶ月の振り返りを行ないます。今月は季節的に制作がしやすくなって、1ヶ月のうち23日間を制作に充てました。そのうち窯入れを6回行い、大規模の新作は4つの島が全て焼成ま…[続きを読む]

2021.10.30

母が亡くなって1年以上が経ち、先祖から長く続いた実家をどうするのかが、今の私に課せられている大きな難題です。そのまま古い家を保ち続けることは不可能で、大手の住宅メーカーに相談をして、私はそこに賃貸の集…[続きを読む]

2021.09.08

昨日、朝日新聞の「折々のことば」欄にあった「無教会主義」という語彙に思わず反応してしまいました。全文を引用いたします。「『かれの批判は教会そのものに対する批判であるよりは、現代の教会が真に徹底的に教会…[続きを読む]

2021.09.05

日曜日になり、いつものように美大受験生が2人工房にやって来て、それぞれの課題に取り組んでいました。高3で受験を控えた彼女が染織デザインをやりたい志望理由を文章にまとめていたのを傍らで見ていて、私も当時…[続きを読む]

2021.08.26

最近、テレビの地上波やそれ以外でも放映されていると必ず観てしまう番組があります。地上波では金曜日の深夜にやっているテレビ東京の「孤独のグルメ」です。スーツ姿の中年男性がひとり黙々と外食をとっている、そ…[続きを読む]